プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリで妊娠、出産:もくじ

Fri.13.09.2013 0 comments
パリで赤ちゃんができました ^^

私たちは日本人同士の夫婦ですが、今住んでいるパリで出産をする事に決めました。予定日は2013年10月の初めです。

フランスは女性一人当たりの平均出産人数が二人を上回る少子化対策の非常に進んだ国です。妊娠をきっかけに、フランスの少子化対策についてより深く知る事になりましたが、産み育てづらい国日本から来た女子として、考えさせられる事は非常に多いです。

このブログの中では、フランスの出産事情を紹介しながら、私の経験談を綴っています。日本の出産、育児の環境に疑問を持っている人には、ぜひフランスの少子化に対する取り組みを知って頂きたいです。また、このブログがこれからフランスで出産をする予定の方の参考になれば幸いです。



もくじ:

妊娠一ヶ月目  妊娠の報告

妊娠二ヶ月目  妊娠確定まで(一般医の検診→laboratoire→病院の決定)

        フランスの妊娠日数の数え方

妊娠三ヶ月目  産科の登録と初診

        フランスで妊婦に禁止されてる食べ物(更新中)

        フランスの母子手帳(更新中)

        超音波検査1回目

妊娠四ヶ月目  医療用弾性ストッキング

        産科定期検診2回目

妊娠五ヶ月目  産科定期検診3回目(更新中)

妊娠六ヶ月目  超音波検査2回目

        産科定期検診4回目

        初めての子供服

妊娠七ヶ月目  両親学級1回目

        両親学級2回目

        両親学級3回目

        両親学級4回目

        産科定期検診5回目

        両親学級5回目

妊娠八ヶ月目  Cafからの出産準備金

        産科定期検診6回目

        両親学級6回目

        麻酔科の先生との面談

        両親学級7回目

妊娠九ヶ月目  両親学級8回目 

        (更新中)


※ 月齢はフランスの妊娠期間の数え方を元にしています。

匿名レンアイ相談所 / Les emotifs anonymes

Thu.12.09.2013 0 comments
emotifsanonymesaffiche.jpg


ジャン=ピエール・アメリス監督2010年のフランス映画。イザベル・カレとブノワ・ポールブールド主演。

主人公のジャン=ルネは小さなチョコレート工場を経営しているものの、恋愛にかけては異常にシャイ。デートの最中も汗が気になって何度もシャツを着替えたり、途中で逃げ出したりしてしまう。そしてそれを悩んでカウンセリングへ通っている。

一方、アンジェリックはショコラティエとしてすごく才能があるけど、同じくあがり症で人に注目されると倒れてしまうほどで、グループセラピーへ通っている。

この映画は、そんな極度のあがり症で臆病な男女が、周りの助けを借りて恋を実らせるラブコメでした。ほのぼのした雰囲気の中、不器用な二人を「頑張れ!」と応援したくなります。80分でさくっと終わるのも良かった。

あとでネットで調べたら、実はこの映画の監督自身が以前アガリ症だったそう。そして、10年前には「匿名アガリ症の会」(映画の原題と同じ)という会に参加していたんだとか。だからこんなにアガリ症の人たちの気持ちの伝わる映画になってるのだと納得しました。

かなりオススメです。
★★★★☆

クリスマス・ストーリー / Un conte de Noel

Wed.11.09.2013 0 comments
un-conte-de-noel.jpg


2008年のアルノー・デプレシャン監督のフランス映画。150分。
フランス北部でリール近郊のルーベ(Roubaix)が舞台。

フランスの最近の映画に多い波乱に富んだファミリーものでした。

演技の上手な人ばかりが出演していて、特に「潜水服は蝶の夢を見る」主演のマチュー・アマルリックが良かったです。カトリーヌ・ドヌーヴの意地悪ひねくれ母も良かった。

★★★☆☆

両親学級8回目 8eme preparation a la naissance et a la parentalite

Mon.09.09.2013 0 comments

フランスの数え方で36週9ヶ月目、日本の数え方では37週10ヶ月目に入りました。


最近の体調

臨月に入ってからますます足の関節の節々が痛くなってきて、出歩くのが大変になってきました。寝起きや立ち上がった時に足がつる事がありますが、これがすごく辛いです。

それと、最近異常に眠いです。妊娠してから明らかに眠くなりやすくなりましたが、臨月に入ったら、その度合いが更に増しました。夜たっぷり寝ても、お昼ご飯を食べた後にまた眠くなってきて、午後に予定が入っていない日は二時間くらいお昼寝しちゃったりします。平均して一日に十時間は寝てる気がします。

あと、鼻血がよく出ます。いつも左の鼻からです。特にお風呂に入っている時と出た後。お風呂上がりのスキンケアの最中に出る時はすごく困ります。

とはいえ、最近はホメオパシーのお陰で夜はぐっすり寝れるし、今まで通り大きなトラブルなく過ごしています。


旦那さんの怪我

前回の両親学級では、旦那さんはサッカーで怪我をしたのでお休みしましたが、今回は少し回復したので一緒に参加しました。

怪我ですが、一週間経って腫れはほとんどなくなり、本人も痛くなくなったと言っていましたが、先日念のためCTスキャンを取ったら、なんと眼下の骨にヒビが入っていました。これから眼科に通って注射を打って治療するんだとか。あと一ヶ月で子どもが生まれてくるのに、心配です。


最後の両親学級

さて、今回はついに両親学級の最終回でした。いつも通り、1時間の個人レッスンです。

内容は今までの総復習でした。特に五回目の時に習った、陣痛がきてから出産までのリラクゼーション方法や痛みを和らげる方法、いきみ方などのおさらいをしました。一ヶ月と少し前に教わった事だったので、軽く忘れていて焦りました。両親学級の後に毎回ブログを書いていて、ブログを読み返すと内容を思い出せるので、書いていて本当に良かったと思いました。

後は出産準備品についての補足説明など。

前回の両親学級の際に先生と話したべべ用の柔軟剤の件ですが、先生としてはhypoallergenique(低アレルギー性)のものでも柔軟剤を使うのは反対だそうです。私としては柔軟剤を使う方が服がゴワゴワにならなくて肌にも良いかな、と思っていましたが、赤ちゃんにとっては、できるだけ洗剤は使わない方が良いのだとか。ということで、柔軟剤は使わないことにしました。


いよいよ両親学級も全て終わり、あとは三週間後に産むだけ!という感じになってきました。全コースを振り返ってみて、このコースのお陰で随分出産についても育児についてもイメージが沸くようになったように思います。個人コースにしたから、私たちのペースで私たちの知りたい事を中心にコースを進めてもらえたのもすごく良かったです。そして、フランス語が分からない時には一々質問できたし、スペルを聞く余裕もあったので、語学の壁はほぼ感じませんでした。両親学級がなかったら、安心して出産、育児に臨めなかったと思います。こんなコースが税金で受けられるなんて、やっぱりフランスは妊婦に優しい国です。

最後に、先生は旦那さんに「コースに参加して、出産や育児での自分の位置を見つけられた?」と聞いていました。日本だったら「出産、育児で男性の出る幕はない=当たり前」で両親学級なんて参加しなくても良い、とされそうですが、やはり男性の育児参加が進んでいる国は根本的なスタンスが違うなと感心しました。

テス / Tess

Sun.08.09.2013 0 comments
tess.jpg


ロマン・ポランスキー監督の1979年のイギリス映画。arteで見ました。原作はイギリス人のトーマス・ハーディの小説「ダーバヴィル家のテス」。

19世紀の終わりのイギリスが舞台。田園風景がメインで、映像がシンプルで綺麗。186分の長編で、話が進むのがゆっくり。

テスの短い一生が不幸過ぎて、見ていて辛かった。テスはアレックスに無理矢理孕まされたのに、それを許せないでいつまでもテスを待たせるエンジェルはちょっと酷いと思った。それにしても、若い可愛い女の子が権力持ってるおじさんに良いようにされる、という構図は見ていてむかついてくる。

最後の逮捕シーンはなぜストーンヘンジなのか、唐突で謎だった。

テスを演じるナスターシャ・キンスキーは撮影時にはまだ十代だったらしいけど、年の割にはすごく演技が良かった。それに品があって美人で良かった。

個人的には好きでも嫌いでもない作品だった。
★★☆☆☆

« Prev Page - topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。