プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルボンヌ春学期 ディプロム授与式

Thu.10.06.2010 0 comments
sorbonne-diploma-ceremony_convert_20100610231823.jpg



5月の終わりに受けた試験が無事に合格したので、ディプロム授与式へ行ってきました。

この式は4ヶ月間の学期が終わる毎に行われていて、私は去年の10月から始まった冬学期の時からソルボンヌにいるので、今回で二回目の出席でした。

前回は語学学校の修了式だから、大した事ないだろう、と思っていましたが、とてもきちんとした式で驚きました。
生徒たち全員にトーガと帽子が配られ、先生たちもトーガみたいな(名前は分からないけど)きちんとした格好をしています。
式は3時間も続き、ベテラン先生の挨拶やスピーチが何度もあって、ピアノなど音楽の演奏も入ります。
そして、ディプロムを授与される時には一人ずつ壇上へ上がって名前と国籍が呼ばれる。
ディプロムをもらった時には、ちょっと感動しちゃいます。


cere3.jpg


場所はソルボンヌ大学の大講堂。
19世紀末に建てられた建物で、1887年に描かれたシャヴァンヌの大作の壁画がありますが、普段は一般公開されていません。
この卒業式に出て壁画が見られるのは、試験をパスした人達だけの特権なのです。
(そんな事を考えてる人は多くなさそうですが・・)


cere2.jpg


シャヴァンヌの壁画(1887年)




cere1.jpg


スペイン人の仲良しのお友だちと。



gateau_20100610233230.jpg


帰宅する途中、一学期終わったので、近所のケーキ屋さんで自分にご褒美のケーキを買いました。
ライチ、ローズ、フランボワーズの味。
周りはホワイトチョコで囲まれてる。
キッチュなピンクはローズ味でした。
スポンサーサイト

« おにぎりのレシピ - Home - ガパオ・ライス »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。