プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ市近代美術館で盗難!

Fri.21.05.2010 0 comments
昨夜、16区にあるパリ市近代美術館所蔵の名画5点が盗難にあったそうです。

その5点というのは、なんと、
ピカソ、マティス、モディリアーニ、ブラック、レジェ、5人の巨匠の作品。

5点の総額は110億円以上らしいです。

事件があったのは19日の夜から20日の朝にかけてだそう。
20日の朝に係員が美術館へ来たところ、窓ガラスが割られているのを発見して、事件が発覚したそう。

防犯カメラには、犯人が侵入してから絵画をキャンバスから外して持ち去るまでの15分間の一部始終が写っていたそう。

警備員がいたにも拘らず盗難に気付かなかった理由は、なんと防犯装置の一部が3月末から壊れていたのに修理されないままになっていたからとのこと。

そういうことは、ちゃんとしようよ!ね!
と言いたい。
けど、C'est la France(それがフランス)なんですよね。

でもでも、いくら仕事がゆっくりなフランス人とは云え、美術館の防犯装置は最優先で直すべきだったでしょ。

余談ですが、私は8ヶ月前から、いまのアパートの8階に住んでいるのだけど、ずっとエレベーターが壊れいていて7階までしか止まらなくて、数ヶ月前に一瞬8階まで上がれる時期があったけど、またすぐ7階止まりになりました。
で、そのまま修理されないでまた放置されてます。

ところで、盗まれた絵画はどこで売買されるのでしょうね。
誰もが知ってる盗まれたマスターピースが欲しい物好きな大金持ちのコレクターがいるのでしょうか。

絵画の行方を知りたくても知れないのが残念です。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/10136767.stm
スポンサーサイト

« 新しい生徒さん - Home - レモン風味のリゾット »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。