プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yves Saint Laurent. Rétrospective: Petit Palais

Fri.30.04.2010 0 comments
P1040752.jpg


プティ・パレで開催されているイヴ・サン・ローランの回顧展を見てきました。
少し前のことですが、備忘録として忘れない内に書いておきます。

この回顧展は、2008年に亡くなられたサン・ローランを偲んで企画され、代表作の多くを含む300着以上が出展されたとても大きな展覧会でした。

Rue Saint-Honoreにある教会で行われた葬儀のニュースを日本で見た時には、サルコジ夫妻を初めとするフランスの各界著名人が参列する姿に、芸術に対して並ならない理解のあるフランスが、サン・ローランという偉大なクチュリエを失ったとことを国を挙げて喪に服していた姿が記憶に新しいです。
今回は、印象派などの企画展が催されることの多いプティ・パレで初めて企画されたモードの展覧会らしいのですが、そんな場所で回顧展を開けること自体が、如何にサン・ローランの評価がフランスで高いかということを示しているように思います。

さて、展覧会には本当に素晴らしいデザインの服ばかりが飾られていて、数も多いので見応えもあり、とっても良かったです。ファッションが好きでパリに来る機会がある人には、絶対お勧めです。
やっぱり女子としてはたくさんの素敵な服に囲まれると心が踊るもの。
モードの展覧会では、絵画の時とは違う感覚が刺激されてる気がします。

一緒に見に行った妹は服を自分で作ったりしているのだけど、特にサン・ローランのデザインが好きみたいで展覧会に来れて感動してました。

展覧会のHPに会場を写した画像がアップされています。
服もたくさん写っていて、展覧会の雰囲気がよく分かるので、興味のある方は是非見てみてください!
http://www.paris.fr/portail/Culture/Portal.lut?page_id=6228&document_type_id=2&document_id=78044&portlet_id=14049


サン・ローランの特に若い頃の作品には帽子を合わせて作ったものが多かったけど、その帽子がどれもすごくお洒落!
見たことない形のデザインがたくさんあって、おもろしかった。

デッサンを描いてる画像もあったけど、筆を進めるスピードがすごく早くて驚きました。
イメージが沸き上がって止まらない、という様子でした。

同時代を生きたアーティストたちの作品にインスピレーションを受けた作品も印象に残りました。
モンドリアン・ルックは非常に有名だけど、他にもマティスやゴッホ、ピカソ、ブラック、レジェ、ポリアコフ、トム・ウェッセルマンなど絵画の一部をデザインに使ったり、アポリネールやコクトーの詩を背中に刺繍した服もありました。
特にマティスの大きな白い鳥を2匹ドレスにくっつけたドレスは印象的でした。

展覧開場の一番大きな部屋では、真っ赤なカーペットが敷かれた階段に何十着もの豪華なドレスが並べられていて圧巻でした!
妹と展示室の椅子に座り込んで、サン・ローランの世界に浸りながら暫くうっとり。
幸せな時間でした。

デザインも然ることながら、実際に服を作っていた人達の腕も素晴らしいと思いました。
アフリカにインスピレーションを受けた服の裁縫はすっごく細かくて目を見張るほど。
素晴らしい技術です。

残念なことに、最近のフランスでは、以前シャネルやディオール、サン・ローランなどの一流ブランドのオート・クチュールで服を作っていた良い人材の数がどんどん減少しているという記事を読みました。
フランスが生んだ素晴らしい技術を後の世代にも継承していって欲しいものです。

483_jean_loup_sieff_02.jpg


以外な展示品で、サン・ローラン自身のヌード写真もありました!
元々はメンズのフレグランスの広告として1971年にJean Loup Sieff(ジャン・ルー・シーフ)が撮影した写真だそうで、この展覧会では今まで秘蔵にされていた広告未使用の写真も初公開されていました。
サン・ローランは1936年生まれだから、この写真を撮った時には既に45歳!
それでも、どの写真もモデルのように美しかったです。
自らヌードになったデザイナーって、後にも先にも彼くらいしかいないのではないでしょうか。

彼は絵本も書いてる。
あんまり可愛くなくて意地悪な女の子があらゆる手を尽くして意中の男子を射止めるという話でした。
この絵本でサン・ローランが何をしたかったのか、私にはよくわかりませんでした。
絵は可愛かったけど。ただ描いてみただけなのかな?
因にこの絵本、フランス語以外で唯一日本語に翻訳されているみたい。
「おてんばルル」という題名で河出書房新社から出てます。

P1040734.jpg

長くなってしまったので詳しくは書きませんが、プティ・パレ自体もとてもキレイな美術館でした。
私たちが行った3月末には既に、中庭にキレイにお花が咲いていて、併設のカフェの外の席で食べたランチは最高に気持ち良かったです!
お花はなぜか南国っぽいのが多かった。

いま振り返ってみても、この日は本当良い日だったなぁ。
展覧会は8月29日まで開催されてるそうなので、パリに来る予定がある方はぜひ、行ってみてください。
スポンサーサイト

« 今夜はイタリアン - Home - 杉本博司:現な像 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。