プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hotel Georges Blanc

Fri.05.02.2010 2 comments
マコンからタクシーに乗り45分。
ヴォナス村にあるミシュラン三つ星レストラン、ジョルジュ・ブランへ来ました!
ここは宿泊施設も併設しているオーベルジュ。
ホテルの評価も五つ星です。
ジョルジュ・ブラン・シェフは地元のブレス鶏を使ったお料理で成功し、私が産まれる前の1981年から三つ星を守り続けており、フレンチの有名シェフの中でも大御所中の大御所。

ヴォナス村は元々特に何も無い所だったけれど、ジョルジュ・ブランが三つ星を取ってから、高速道路のインターチェンジが作られたり、フランス各地から来るお金持ちの為の専用ヘリポートも作られたり、一つの三つ星レストランのお陰で村全体が活気に満ちた場所になったそう。
いま、世界的には「アートで街おこし」が流行っているけど、この村は「レストランで村おこし」が成功してました。

村自体は小さいけれど、至る所にお花が咲いていたり、キレイに整備されていました。
あいにく、私たちが行ったのは年末の雨の日で、村の景色の写真がうまく撮れなかったので、ホテルの中の写真のみ載せます。



DSC_0240.jpg



DSC_0239.jpg

私たちが泊まったお部屋。
ゆったりしたスペースで、赤が基調のクラシカルな雰囲気。すてき!




DSC_0248.jpg

タオルにはGeorges Blancのトレード・マークのニワトリさんが。



DSC_0249.jpg

ゴミ箱にもニワトリさん。



DSC_0246.jpg

Relais et Chateauxのアメニティ。



DSC_0250.jpg

スリッパ。



DSC_0231.jpg


P1000642.jpg

朝食を頂いたお部屋。
お庭が見えました。夏にはお花が咲いて、もっと気持ちが良いんだろうな。




P1000638.jpg


朝食はバイキング形式でした。
フランスのチーズが豊富に置いてあった事以外は、特に普通の朝食でした。

近くの席で宿泊客に混ざりながら、Georges BlancシェフもLe Monde誌を読みながら朝食を取っていました!
「Bonjour」と挨拶したら、笑顔で返事してくれました。




DSC_0233.jpg

廊下の途中のリラックス・スペース。
和みます。




P1000648.jpg


プール!
日本から水着を持って来ていないので、数回しか着れない使い捨ての水着を購入して泳ぎました。
鎖骨が全く出ないほど首の部分が詰まっている一方でハイレグ、かつワンサイズだから太めの人も着れるようにお腹の部分に非常に余裕がある、ものすごいダサイ水着でした。
でも、泳ぐのが大好きなので水着のことは気にせず一人で泳ぎまくりました。

このプールは壁三面がガラス張りになってるので、太陽が照っている時は光がたくさん入って来てすごく気持ち良い!
もしお金が有り余る程あったら、自宅にこういうプールを作りたいです。

他の宿泊客の方も、このプールで泳いだり、ハマムを利用したり、併設のスパへ行ってディナーまでの時間を楽しんでいました。
屋外にはテニス・コートやもう一つプールもあったので、夏はそちらでも楽しめるよう。

次回は三つ星レストランでのディナーについて書きます!

http://www.georgesblanc.com/
スポンサーサイト

« Restaurant Georges Blanc - Home - Restaurant Pierre, Macon »

- comments
2 comments
→tomomi

因に、水着の柄は白地に青のハイビスカスでした。
旦那さんの着た男物は白地に赤のハイビスカスで、二人で着てるとペアルックみたいで、ダサさ倍増だったよー。笑
ステキだなーと思いつつ、 
思わず水着のくだりで笑わずには
いられなかった・・・
ちょうどまりこがうちに泊りに来てて、
二人で大爆笑だったよ。
ハイレグ!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。