プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テス / Tess

Sun.08.09.2013 0 comments
tess.jpg


ロマン・ポランスキー監督の1979年のイギリス映画。arteで見ました。原作はイギリス人のトーマス・ハーディの小説「ダーバヴィル家のテス」。

19世紀の終わりのイギリスが舞台。田園風景がメインで、映像がシンプルで綺麗。186分の長編で、話が進むのがゆっくり。

テスの短い一生が不幸過ぎて、見ていて辛かった。テスはアレックスに無理矢理孕まされたのに、それを許せないでいつまでもテスを待たせるエンジェルはちょっと酷いと思った。それにしても、若い可愛い女の子が権力持ってるおじさんに良いようにされる、という構図は見ていてむかついてくる。

最後の逮捕シーンはなぜストーンヘンジなのか、唐突で謎だった。

テスを演じるナスターシャ・キンスキーは撮影時にはまだ十代だったらしいけど、年の割にはすごく演技が良かった。それに品があって美人で良かった。

個人的には好きでも嫌いでもない作品だった。
★★☆☆☆
スポンサーサイト

« 両親学級8回目 8eme preparation a la naissance et a la parentalite - Home - 両親学級7回目 7eme preparation a la naissance et a la parentalite »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。