プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親学級6回目 6eme preparation a la naissance et a la parentalite

Thu.29.08.2013 0 comments
フランスの数え方で34週8ヶ月目、日本の数え方で35週9ヶ月目に入りました。

ガルサン先生との六回目の両親学級です。今回も先生と旦那さんと私の計三人での一時間の個人コースです。

8月中は先生がバカンス中だったので、両親学級も約一ヶ月間お休みでしたが、今週から再開しました。全8回のコースなので、今回を入れてあと3回です。


本日のテーマは「出産直後の母体」でした。


出産後の母体の二大トラブル

出産後に母体に起こる二大トラブルは悪露と産褥熱。

悪露(seignement)では、生理よりも多量の出血が3、4日続き、その後も二週間前後多少の出血があるそう。

二つ目は産褥熱。多いのは尿路感染(infection urinaire)で、回避するには水をたくさん飲む事が大切だそう。

そしてレアケースだけれど、気を付けなければならないのは子宮からの感染(infection d'uterus)による産褥熱。これは産後十日から十五日後に発熱があるそう。痛みを伴う発熱の場合は、直ぐに病院へ行くこと。


母乳

母乳が出なくなる最大の要因はストレス。なので、母乳をたくさん出す為にも、産後は旦那や家族など周りの人に協力してもらってリラックスして休む事が大切。産後は赤ちゃんの事を最優先させて考えがちだけど、時には自分の事も大切にするべき。これはいかにもフランスの助産師さんらしい発言でした。

母乳をあげた後に赤ちゃんが泣いている時、母親よりも父親に抱かれた方が落ち着く場合もあるそう。母親に抱かれると母乳の匂いがして、どうしても本能的にお乳を探して飲もうとしてしまうが、父親だと母乳の匂いがしないので、早く落ち着く事もあるのだとか。

母親が摂った栄養素はすべて母乳に含まれるから、食べるものには注意が必要。特に夜にはたくさん食べて、夜間の母乳に備えるて体力を付けること。


・カルシウム

母乳をあげている期間で特に必要な栄養素はカルシウム。

ただし、牛乳の飲み過ぎには気をつける事。一日に半リットル以上は飲まない事。それ以上飲むと、ラクトースの摂り過ぎで赤ちゃんが下痢になる可能性があるそう。

なので、カルシウムは牛乳だけでなく、チーズやヨーグルト、ブロッコリーなどカルシウムを多く含む野菜など色々なものから摂取すること。

因に、妊娠中にもカルシウムをたくさん摂る事が必要だけど、牛乳の量には制限はないそう。


・鉄分

鉄分も母乳をあげている期間に特に必要な栄養素の一つ。

私は妊娠六ヶ月目から鉄分不足による貧血気味で、貧血予防の為に鉄分と葉酸のサプリメントを飲んでいますが、出産後二、三週間はサプリメントを飲むのは控えた方が良いそう。

ミネラルの摂取にも注意が必要で、私の今飲んでいるミネラルを多く含む水エパー(Hepar)は産後は飲むのを止める。


会陰

フランスでは世界でも稀な産後の会陰回復に力を入れている国です。出産前に会陰ストレッチやマッサージというのがあり、産後には保険で全額が補償される会陰再教育(reeducation perineale)プログラムがあるほどです。

一般的に、アジア人女性の会陰は西洋人のよりも繊細で、出産時に切れ易いそう。私も三回目の超音波検査の際に先生から会陰切開になる可能性が高い、と言われたので、かなり恐怖を感じています。

先生に会陰切開を防ぐ対策はないか、と聞いたら、会陰を柔らかくするストレッチをしたら多少は会陰が柔らかくなるからしておけば、と言われ、やり方を教わりました。

尿が出ているのを急に止めるように会陰に力を入れる→力を抜く、というのを繰り返す地味なストレッチです。

効果があるか不明ですが、あと出産まで一ヶ月の間、地道にたまにやってみようと思います。


抜け毛

産後には髪の毛がたくさん抜けるそう。抜け毛は短い人で二ヶ月、長い人では六ヶ月間続くが、一時的な事なので気にしないこと。


ベビーブルー

赤ちゃんとの新しい生活に慣れずに鬱状態になるのは産後によくあること。慣れない子育てで母親としての自信が持てなかったり、妊娠と出産の疲れが取れない内に始まってしまった子育てへのストレスが原因になることが多いそう。

でもベビーブルーはよくあるし全然恥じる事じゃないので、もし悩んでしまった場合は周りの人に相談すること。もし周りに話せる人がいなかったら、相談できる国の機関もあるから利用すると良い。

そして大抵の場合ははじめの一ヶ月で終わる。


次回も出産直後についてだそうです。

スポンサーサイト

« 麻酔科の先生との面談 - Home - 産科定期検診6回目 6e consultation prenatale »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。