プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贖罪

Sun.25.08.2013 0 comments
shokuzai-celles-qui-voulaient-se-souvenir_300.jpg



久々の邦画

フランスで上映中の日本映画、贖罪を映画館で見てきました。日本だと2011年にWOWOWで全五話の連ドラとして放映され、すでにDVDも発売されているようですが、私が見たのは海外の映画として再編集されたインターナショナル版です。他の国は知りませんが、フランスでは現在、前編と後編の二本に分けて同時上映されています。前後編合わせて271分の長編でした。

普段は邦画ばかりか日本語のテレビやドラマすら見る機会がないし、インターネットでそういうのを積極的に見たりもしないので、久々の母国語の映像で見ていてすごい楽でした!


パリのミニシアター

フランスでの上映は今年6月頃に始まり、はじめは大きな映画館でも少しやっていたようですが、今の時期はパリでも数件のミニシアターで上映しているだけです。私の住んでいる5区はミニシアターが多くあるエリアですが、今までほとんど行った事がなかったので、行ってみる良い機会になりました。

一本目は近所のCensier-DaubentonにあるミニシアターCinema la Clef、二本目はSaint MichelにあるLe Saint Andre des Artsで見ました。

どちらもアングラなマニアックな雰囲気の映画館でした。Cinema la Clefの方は映画ファンと思われる年配の方がカップルや一人で来ているのが目立ちました。


演技派の女優陣

映画はすごい面白かったです。

原作は湊かなえの小説で、映画監督は黒沢清、主演は小泉今日子。全体が五部構成に分かれていて、それぞれの章の主演が蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴、最後にキョンキョンでした。

インターナショナル版(フランス版?)では蒼井優と小池栄子の二章が前編、残りが後編でした。見ている内にどんどん面白くなっていく作品で、前編を見たら後半が気になって気になって、翌日に後編を見に行ったほどです。

あらすじは長いし複雑なので、割愛させて頂きます。

主演女優が皆さんの演技が良くて、時に安藤サクラと池脇千鶴がすごかったです。安藤サクラの役は引きこもりで頭がおかしくなっちゃう子の役だったけど、あんなにキモく演じられる女優はなかなかいないと思います。それに姉の夫を寝取って子どもまで作るという、池脇千鶴の悪女っぷりも良かったです。


子どもが事件を目撃したとき

小学生の子どもを失った麻子(小泉今日子)は事件の目撃者の四人の子どもたちが事件の手がかりを何も提供できない事に苛立ち、代わりに贖罪をしろと迫ります。か弱い存在の子どもたちは更にプレッシャーをかけられ、その後の人生にもこの事件が相当な重みになってしまいます。

小さい子というのは多感で、強烈な事件を目の当たりにすると大人以上にショックが強くて、事件直後にすべき事の判断ができないし、その経験が後の人生に強烈な影響を及ぼす、という事を考えさせられました。小池栄子は犯人の顔を覚えていたけど、事件の後は混乱していて証言できなかったと語っていました。ちょうど先日見たイギリス映画「つぐない」でも、主人公の思春期の女の子が強姦事件を目の当たりにしてショックのあまり混乱し、現実とは別の証言をしてしまうのですが、それと同じような精神状態だと思いました。

WOWOWは、これだけ質の高い連続ドラマを作っているのか、と感心しました。


湊かなえの原作

映画を見た直後、「贖罪」の話を家庭教師の生徒にしたら、偶然にも原作を持っているという事で貸してもらいました!原作が気になっていたので、借りたその日の内に一気に読みました。湊かなえの文章は読み易かったです。

原作は麻子の気持ちの変化に焦点が当てられていて、映画よりも一貫性がありました。でも、結論から言うと、映画の方が面白かったです。映画は四人の女の子のストーリーをもっと深く掘り下げていって、それを演技派の女優が演じていたので、より色彩豊かな出来になっていたと思います。

私の中で、映画は原作を超えられない、と言う原則があったのですが、この作品は原作を超えてるレアケースだと思いました。最近「レ・ミゼラブル」と「薔薇の名前」の映画を見たのですが、二本とも悪くはなかったけど、絶対に原作は超えられない、と思っていたところなので、更に唸らされました。


かなり好きです。
★★★★☆
スポンサーサイト

« 産科定期検診6回目 6e consultation prenatale - Home - プロヴァンス物語 マルセルの夏 / La Gloire de mon pere »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。