プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスの妊娠日数の数え方

Wed.20.02.2013 0 comments
日本とフランスでは、妊娠日数の数え方が異なります。日本では妊娠期間が十月十日と計算されていますが、フランスでは九ヶ月間です。違いが生じるのは、主に三つの理由があります。


1. 妊娠開始日

日本では最終月経の開始日から数え始めますが、一方フランスでは二週間後の排卵予定日から数え始めます。私の場合は日本の妊娠開始日は12月25日ですが、フランスでは1月8日が開始日です。後に、一回目のエコーで胎児の大きさから、受精予想日が1月4日と診断され、妊娠開始日は1月4日に修正されました。


2. 妊娠月数の数え方

日本は妊娠週数を4週間、つまり28日間で一ヶ月と数えますが、フランスではカレンダー通りの数え方です。妊娠開始日と数え方の違いから、妊娠期間が増えてくると、日仏間で何ヶ月目に相当するのか差が出てきて、ややこしい状況になります。


3. 日本は出産予定日、フランスは遅くともその日までに産む日

更に、日仏間で分娩予定日も変わってきます。日本では妊娠開始日から280日目の40週0日目が分娩予定日になりますが、フランスでは妊娠開始日からちょうど9ヶ月目が予定日になります。しかも、この予定日というのは、二国間でニュアンスも違っていて、日本では「予定日の前後に」出産という事だけど、フランスでは「遅くてもこの日までに産む日」、つまりそれ以上胎児がお腹の中にいると、母体にも胎児にも良くないので、「その日を超えたら陣痛促進剤を投与して出産するリミットの日」という意味らしいです。

私の場合は日本の計算の仕方では予定日は10月1日で、フランスの予定日(遅くとも産む日)は10月4日です。

この違い、いつも頭がこんがらがりそうになります。妊娠期間中は、人に会うとまず「いま何ヶ月目?」と聞かれるので、常に日仏二つの数え方でいま自分が何ヶ月目なのか把握するようにしています。

因に、ここではフランスでの数え方と書きましたが、細かい事は知りませんが、欧米の他の国も大体フランスと同じように数えるそうです。

スポンサーサイト

« 産科の登録と初診 (la premiere inscription et la premiere consultation prenatale) - Home - 妊娠確定まで »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。