プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学卒業!

Tue.25.06.2013 0 comments

今週、晴れて大学卒業が決まりました ^^


旦那さんの仕事の都合でパリへ来て、フランス語をゼロから始めてから四年近く経ちましたが、ここまで来れて本当に嬉しいです!もともとフランスが大好きなわけでもないし、いつまでパリにいるか分からない中、なぜフランス語を勉強してるのか自分でも分からなくなって投げ出したくなった事も多々あったけど、なんとか続けてここまで来れました!


流石、ソルボンヌ大学の教授陣の授業はどれも面白く(中には訳の分からない授業もありましたが ^^ ;)、街自体が既に美術と歴史の宝庫のパリで、ルーブルにもオルセーにも直ぐに行けるという夢のような環境で、しかもただ同然の学費で住宅補助までもらって大学へ行かせてもらい、本当に恵まれた一年間でした。

パリにいて嫌な事もあるけど、こんな最高の環境で美術史を勉強できたから、パリへ来れて本当に良かったと改めて思っています。


本当は大学の事をブログにたくさん書きたかったけど、授業の復習に追われていてそんな時間も全然ありませんでした。


フランスの国立大学では、入学する事より卒業するのが難しく、私の通っていたソルボンヌ大学美術史学部は一年次の入学者に対して卒業出来るのは二割以下です。今回の合格発表でも半分近くの学生が不合格となっていました。

だから、フランス人の学生にとっても学位を取るのは大変だし、特に私たち外国人は必死でついていかないと卒業出来ない、という厳しい環境でした。

そんな中で、なんとか卒業が決まったので、もう本当に嬉しいです ^^

合格発表のあった日には、嬉し過ぎてなかなか寝付けないほどでした。


この後、当然ながら卒業式なるものがあるんだろうと思っていたのだけど、学部卒業の際には式とかは何もないらしいです!これには本当に驚いた。というのも、以前通っていたソルボンヌの語学学校では、半年毎のコースが終わる度に、大学本校のリシュリュー講堂という歴史ある場所で仰々しいディプロム授与式があったので、学部卒業の際にはもっとすごい式があるのかと予想していたのです。

今更ながら、語学学校の式は外国人学生向けのパフォーマンス&思い出作り的なものだったのね、と気付きました。

式がないのは、ほんのちょっとだけ残念だけど、それよりディプロムがもらえるのがとにかく嬉しいです。


9月からの来年度はこのまま大学院へ入りたいですが、これから色々と環境が変わる予定なので、色々調整しながら今度のプランを考えていきたいと思います ^^



DSCN2760.jpg


大学の教室、salle Doucetより
スポンサーサイト

« 産科定期検診4回目 4e consultation prenatale - Home - 超音波検査2回目 Echographie du 2e trimestre »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。