プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Cercle de L'Art Moderne, collectionneurs d'avant-garde au Hauvre, Musee de Luxembourg

Thu.20.12.2012 0 comments
La Parisienne de Montmartre, Musée Malraux, Le Havre

Kees Van Dongen, La Parisienne de Montmartre, 1907-1910, Musée Malraux, Le Havre


リュクサンブール美術館で開催されている展覧会、Le Cercle de L'Art Moderne, collectionneurs d'avant-garde au Hauvreを見てきました。19世紀終わり頃から20世紀初期にかけて、パリ北西にあるル・アーブルという港街に住んでいた数人の有力コレクターたちの集めた作品を紹介する展覧会でした。中でもOlivier SennとCharles-Auguste Marandeという二人のコレクターの持っていたものが中心でした。多くの作品が今ではル・アーブルにあるMusée d’Art moderne André Malraux(略してMuMaというらしい)所蔵になっているようで、その美術館からの出展作品が多かったです。リュクサンブール美術館は小さな企画展専門の美術館ですが、展示作品はバルビゾン派、印象派、後期印象派、ナビ、象徴派、フォーブなどのその時代を代表するアヴァンギャルドの蒼々たる画家たちの作品ばかりで、とても充実していました。ぱっと思い出せるだけでも、Millet, Courbet, Boudin, Monet, Renoir, Pissarro, Vuillard, Felix Vallotton, Paul Serusier, Marquet, Dufyなどなど。もちろん、上に載せたヴァンドンゲンの作品も展示されていました。19世紀の後半から20世紀初頭にかけてのル・アーブルの港を描いた作品が何枚もありましたが、例えばBoudinとMarquetなど、画家毎に港の描き方がとても違ったので、見比べるのも面白かったです。




Volloton.jpg

Felix Vallotton, La Valse, 1893, Private Collection



今回印象に残ったのは、ナビ派のFelix Vallonttonのこの作品です。写真だと分かりにくいけど、実際は黄色の背景に細かいオレンジなど色んな色の点が重ねられていてすごく綺麗でした。Vallonttonの作品は他にも四点くらいありましたが、どれもオリジナリティのある変わった絵でした。あとはマネのオランピアに触発されて描かれたCamoinのヌードがすごくえろくて印象的でした。

この展覧会、ビッグな画家の絵画が多いので見応えはあったのだけど、見る側からすると作品同士の全体的なまとまりはあまり感じられませんでした。ただ、この展示を見て、当時のル・アーブルがアヴァンギャルドの画家たちの集まる場所であり、彼らを支援するギャラリーとコレクターたちの存在があった、ということはよく分かりました。そういえば、同じ時代に同じ場所にいた複数の有力コレクターのコレクションを紹介するという展覧会を見たのは初めてだったように思います。そういう意味で、過去のある期間のある場所の美術界を思い起こさせるというユニークなコンセプトの展覧会でした。
スポンサーサイト

« Carl Marletti - Home - Universite Paris IV, Sorbonne »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。