プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salon du Vin 2012

Tue.27.11.2012 0 comments
1_20121127200717.jpg



とっても久しぶりの更新です。書いたり書かなかったり、書きたくなったり書きたくなくなったり、気まぐれなブログです。

久しぶりに書きたくなったのは、先日パリへ出張で貴子が来て、「ブログ読んでる」と言ってくれた事です。最近忙しかったので、ブログの存在自体忘れそうになっていたけど、久々に書いてみる気になりました。こうしてみると、ヨーロッパへ来た2009年4月から細々書いていて三年半、中断しながらも続けているので、まあ、無理のない程度に今まで通り気まぐれに更新していきたいと思います。

さて、一昨日の話ですが、パリで最大のワイン見本市、Salon du Vinへ行ってきました。今回は貴子と旦那さんと三人で参加。会場はパリの端にあるPorte de Versailleの展示会場で、数えきれないほどのワイナリーのブースが並んでいます。会場に着くと一人一つワイングラスを渡され、試飲したいワイナリーでコレ飲みたいと言うと一口分ついでくれます。試飲の数は無制限で、飲みたければいくらでも飲ませてくれるというお酒好きにはたまらないイベントです。

私たちもシャンパン、白と軽いお酒から始めて徐々に重いのを試飲していきました。今回は写真の五本を気に入って購入。価格は小売りで買うよりも安いし、何より試飲して買えるのが嬉しいポイント。一番のお気に入りはソーテルヌ。嫌な味が全くしない、上品な味でした。年末に飲むお酒なので、それまで大事に取っておこうと思います。ハーフボトルで25ユーロでした。他にはMont d'Orのフォンデュの時にチーズと混ぜる用のJulaも楽しみ。ワイナリーの人にモンドールのフォンデュ用と聞いたら、このtraditionが良いと言っていました。他のジュラよりも揮発性の高い後味で、他のジュラとは全然違う味でした。他の三本はNuits sant georgesの赤2010年とBandolの赤2010年と、Cramantのシャンパーニュ。

今回は2時間くらいしかいれなくて、会場の4分の一も見れなかったから、次回はもっと早く行くか、二日に分けて行こうと思います。
スポンサーサイト

« le timbre - Home - La Sainte Anne, l'ultime chef-d'oeuvre de Leonard de Vinci, Louvre »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。