プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Artist

Wed.01.02.2012 0 comments
The-Artist-Jean-Dujardin.jpg



フランス映画"The Artist"を映画館で見てきました。今年のアカデミー賞10部門でノミネートされていて、フランス映画として異例の最高を果たし、いまフランスでとても話題になっている映画です。ミシェル・アザナヴィシウス(Michel Haznavicius)という監督で、1920年代後半から30年代前半のハリウッドを舞台にした白黒のサイレント映画でした。あらすじは、サイレント・フィルムの売れっ子だった男優が、トーキーが出現すると時代の波に乗れずに没落するが、昔から知り合いで彼の事が好きな女優に助けられて、再び映画界へ戻るというヒューマン・コメディ。シンプルなストーリーだけど、その中に喜怒哀楽が詰まっていてハリウッドの原点のような作品でした。(フランス映画だけど。)特に俳優たちがすごく良かったです。主演のジャン・デュジャルダン(Jean Dujardin)は色んな表情があったし、ベレニス・ベジョ(Berenice Bejo)は元気があって溌剌として可愛かった。ショートカットが似合ってる。すごく好みです。他の端役の映画会社の経営者や運転手も味があってすごく良かったです。あと、ジャン・デュジャルダンとずっと一緒にくっついていた犬がすごいお利口でびっくりしました!犬がいる事によって、更に映画が和やかになっていました。最近の映画は色々凝ったものも多いけど、モノトーンで台詞もほとんどない映画でも、色んな感情や感動を与えられるんですよね。なんだか、古き良き時代のハリウッド映画やフランスのフィルム・ノワールの良さを思い出しました。そんな昔からの映画の魅力があるから、カンヌでもオスカーでも高く評価されているのでしょうか。本当、良い映画でした。




スポンサーサイト

« El Chino - Home - Samourai - armure du guerrier »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。