プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Samourai - armure du guerrier

Sun.29.01.2012 0 comments
samourai.jpg



ケ・ブランリー美術館で日本の鎧や兜を展示する展覧会、"Samourai"展が開催されています。大人にも子どもにも大人気で、連日長蛇の列を作るほどだと聞きました。日本で鎧の展覧会があるとしても、そんなに人気は出るとは思えないけど、なぜフランスではそんなにうけるのか興味がわき見てきました。

私たちが行ったのは1月28日土曜日で展覧会終了の前日でした。大変な人気があったため、その日と最終日のみ22時まで開館時間が延長されていたので、仕事帰りに見に行けました。美術館に着いたのは19時頃でしたが、入場まで一時間待ちました。噂通り混んでいました。

展覧会で紹介されていたのはGabriel Barbier-Muellerというコレクターのコレクションでした。ジュネーブやバルセロナに美術館を持つコレクターJean-Paul Barbier-Muellerの息子で、有名なコレクター・ファミリーの人です。

会場に入ると、まずは鎧二対が飾られていました。私にとっては特に特徴のある面白い鎧ではなかったのですが、周りのフランス人たちは何とも真剣な表情で眺めていたり、熱く語っていたり、写真を撮っていたり、すごく興味深そう。やはり展示品が鎧だけあって、他の展覧会よりも圧倒的に男子率が高かったです。彼らが携帯で一生懸命に鎧の写真を撮っている姿は何とも印象的でした。因にケ・ブランリー美術館は全館写真撮影okです。

展覧会のイントロダクションの隣には縄文時代から明治時代までの日本のざっくりした年表がありました。日本史に関してほとんど知識の無いフランス人に向けてかなり簡略化された年表でした。

会場は鎌倉時代から桃山時代までと、江戸時代にざっくり分けられていて、特にコレクションの集中している江戸期はテーマ毎に分けられていました。鎌倉、南北朝、室町辺りまでは、いわゆる日本の鎧や兜でそんなに工夫を凝らした変わったものは眼につきませんでしたが、桃山時代以降は様子が変わってきて、どんどんオリジナリティ溢れる鎧が作られるようになったようです。特に「変わり兜」は色んな種類があって面白かったです。例えば茄子の形をした兜や、兜の上に髪の毛を植え込んでいる頭形(ずなり)、烏帽子の形になっているもの、炎が上がっているようになっている宝珠形など。他には頭に不動明王が乗っていたり、上のポスターの写真のように天狗の形になっていたり。私も見たことのない変わったものばかりでした。すごくキッチュ。江戸期の人々のユーモアに関心しました。これらの兜は平和な江戸期に実際の戦いの為ではなく、大名行列などで「見せる為」の兜だったそうです。

日本刀の作り方を紹介する映像もありました。これは私もほとんど知識がなかったので面白かった。日本刀を作るのは複数の行程を踏んで、何人もの人が分業で作るようでした。堅い鉄と柔らかい鉄を温め、叩いて延ばしてという作業を繰り返して鉄の層を作り、成形していきます。その後錆び止めを塗って再び焼いて冷やした後研いて出来上がりでした。映像は25分という長さでしたが、ほとんど見ました。隣のフランス人のおじ様たちも興味津々で見てました。他には馬具や鐙、弓矢、鉄砲なども展示されていました。

日本でこの手の展覧会が開催されていても見に行かないだろうから、今回見れて良かったです。そして日本の鎧がこんなに面白いという事が分かって良かった。それにSamourai展を見るフランス人も見れて良かったです。ヨーロッパにいると、彼らがあまりに日本の事を知らない事に愕然とする事もあります。日本は西洋の物をたくさん受け入れて、映画やTVなどあらゆる形で欧米のものや文化に触れる機会があり、義務教育でも英語を学んで、どんな人でも多少なりとも欧米文化について知識があります。一方、欧米人は義務教育ではもちろん非ヨーロッパ語は学ばないし、欧米の歴史以外はほとんど勉強していません。それに日常生活の中で日本やアジアの文化に触れる機会ってなかなかないです。情報があってもすごく偏っています。例えば、ほとんどのパリジャンは「日本食が好きだ」と言ってきますが、実際は寿司と焼き鳥しか知らないし、日本人はほぼ毎日寿司食べてると思ってます。こんな感じで、普通の欧米人は日本やアジアの話になると、びっくりするようなトンチンカンな事を言ってくる事もあります。欧米人の日本に対する理解って残念ながらそんな状況です。それでも、分からないながらも、特にパリでは日本文化に対する人気はすごくあります。非西洋の文化の中では間違いなく日本文化が一番人気だと思います。それがこの展覧会の成功に表れています。もともとの日本に対する知識はあまりないものの、断片的に入って来る日本の文化に興味を持ち、理解しようと努力してくれています。この展覧会はそういったパリジャンたちの嗜好に応えるものでした。パリジャンが熱心に日本の鎧を見たり、子どもたちが兜の絵を描いている様子はすごく嬉しかったです。こういった文化交流を通じて、今後ますます日本に対する理解が深まって欲しいものです。

展覧会紹介ビデオ







スポンサーサイト

« The Artist - Home - Persepolis »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。