プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gallaratese Housings, Aldo Rossi

Sun.08.01.2012 0 comments
5_20120109034900.jpg


今回はミラノ郊外にあるAldo RossiとCalro Aymonino設計のガララテーゼについて。このミラノ旅行中はアルド・ロッシが設計した方の棟に住んでいる知人の家に滞在させてもらいました。とても有名な建築ですが、住人でないと普通は中に入って見学できないので、たいへん貴重な経験をさせて頂きました。

ガララテーゼはミラノの中心からは少し外れた所にあって、メトロ1号線で西側へ行き、San Leonardoという駅を降りてすぐの所にありました。ガララテーゼの周りもいわゆる郊外の風景で、他にも大きな集合住宅がありました。








6_20120109034859.jpg


等間隔に柱が並ぶピロティからは、かなり無機質な印象を受けました。







2_20120109034902.jpg







1_20120109034902.jpg


ガララテーゼの直ぐ隣は住民だけが使える庭になっています。この庭はとても広く、建物が緑の中に建っているような印象です。私たちが行ったのクリスマス前後だったので、ほとんどの樹が裸になっていて寂しい感じがしましたが、春夏には緑が、秋には紅葉が綺麗だそうです。ヨーロッパでは日本と違って常緑樹が少なく冬になると葉が落ちてしまう樹が多いので、冬の風景は寂しくなります。







DSC_0117_convert_20120109035744.jpg


知人の家ではイタリア人がクリスマスの時期に食べるケーキ、パネットーネを頂きました。何度かスーパーへ行ったけど、どのスーパーにもパネットーネが大量に売っていて、買っている人をたくさん見ました。知人の話ではTre Marieというパネットーネが一番美味しくてお勧めという事でした。ケーキはスカスカしていて見た目よりも軽くて美味しかったです。中には小さく切ったドライフルーツのようなものが入っていました。最近はパリのお菓子に慣れてしまったので、今回のイタリア旅行で見たケーキはとても素朴に見えました。

さて、これでミラノについての記事は最後にしようと思います。次回はビツェンツァでのパラーディオ建築巡りについて書きます。




スポンサーサイト

« Paul Klee Polyphonies, Cite de la Musique - Home - Chiesa Santa Maria Presso di San Satiro  »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。