プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Couvent de la Tourette

Mon.14.11.2011 0 comments
1_20111104055608.jpg



ちょっと日が経ってしまったけど、先月末のToussaintのお休みでLyonへ行ってきました♪

リオンに着いた日の午後には早速郊外にあるコルビジェ設計のラ・トゥーレット修道院を見に行きました。

リオン市内のGorge de Loup駅からバスに揺られる事一時間。
別荘地(?)みたいな雰囲気の山の中にあるL'Arbresleで下車。
そこから修道院まで上り坂を30程登って行きます。
一応バスもあるけど、本数が極端に少ない。
ちょっと疲れるけど、ちょうど紅葉の季節だったので気持ち良いお散歩ができました。





2_20111104055608.jpg



修道院に近づいて来た山道にて。
かなり登って来ました。
眺めが良いです。





3_20111104055607.jpg



修道院へ行く道。
紅葉がとてもキレイ。
右は車の駐車場にもなってます。
後から知ったのだけど、ここのアプローチもコルビジェの設計。





5_20111104055606.jpg



到着。





6_20111104055606.jpg



外から見た修道士たちの個室。
一般の人もここに宿泊する事もできます。





11_20111104060416.jpg



壁には石が埋められてました。





7_20111104060418.jpg



日本の紅葉みたい。





8_20111104060418.jpg



柱が細いです。





9_20111104060417.jpg



遊び心のある柱。





10_20111104060416.jpg



巨大な筒の正体は...!?
後で分かります。





4_20111104055607.jpg



ここからは中に入ってから。
内部へは週に一度だけ、日曜日のお昼15時から催されるガイドツアーに参加すれば入れます。
ドミニカン・チャーチのおじさまが丁寧に解説して下さいます。
言語はフランス語のみ。

私たちが参加した日はToussaintのバカンス中だったので、70人前後の人がいました!





12_20111104060415.jpg



それまでの伝統的なドミニカン・チャーチの修道院に倣って、ここも真中に中庭を持つ回廊の形をしています。





13_20111104061648.jpg



oratoire
小礼拝堂





17_20111104061646.jpg



食堂。
この部屋でガイドの方が30分くらいドミニコ会の歴史について話してました。
すごい人の良さそうな人だったけど、コルビジェの話じゃなくてドミニコ会のマニアックな内容が多かったので、途中からかなり飽きました。
他の人たちもガイドを読んだりそわそわして退屈してました。





16_20111104061646.jpg



窓から見える景色が美し過ぎる。





18_20111104061645.jpg



食堂の隣の部屋からの景色も綺麗過ぎる。





19_20111104062209.jpg






15_20111104061647.jpg






14_20111104061647.jpg



いよいよメインの礼拝堂へ向かう。





20_20111104062208.jpg



礼拝堂の扉を開けると、奥の赤い光と扉の横のラインが重なって、なんと十字架になる!
驚きの演出!





21_20111104062208.jpg



礼拝堂の中。
すごいすごいすごい!
感動!!!

入った瞬間、4面コンクリートの広い空間で寒い。
そこにほんのり柔らから光が差し込んで来る。

写真にはうまく映ってないけど、すごい良い空間!
暗いし、感動で写真どころではなかったのです。

もう、どんなふうに良かったのかは、言葉では書ききれません。
久々にこんなに素敵な建築空間を体感できました。





22_20111104062207.jpg



サイド。





23_20111104062206.jpg



懺悔室。





24.jpg



すごい良かったー!!!
時間があったらここに一泊してみたかったー。

コルビジェが好きな人には絶対行って欲しい場所です。
スポンサーサイト

« Musee des Beaux Arts de Lyon - Home - Ble Sucre その4 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。