プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zaha Hadid : Une Architecture

Sun.16.10.2011 0 comments
zaha9.jpg



イラン、バグダット産まれのイギリス人建築家、ザハ・ハディッドの展覧会を見てきました。
2004年に女性で初めてプリッツァー賞を受賞。
フランスで初のザハの回顧展です。
場所はセーヌ川沿いにあるアラブ世界研究所。




zaha8.jpg



"Mobile Art"というコンセプトの通り、移動可能なパビリオンので、中では彼女自身の建築の展示がされています。
この建物は元々シャネルのバッグを展示する為にカール・ラガーフェルドによって依頼され、作られたもので、2008年に香港、東京、NYの3ヶ所を巡回していました。
東京では代々木公園に設置されていました。
かなりの盛況で、展覧会の日時指定チケットはすぐに完売、当日券は何時間も並ばないと入れない、という状況でした。
私も当時行こうとしたのですが、チケットが手に入らず、それに並ぶにも時間がなく断念。
思いがけず、3年後にパリで行けるチャンスが巡ってきました。

建築家の旦那さんはザッハはあんまり好きじゃないとの事で一緒に来てくれませんでした。




zaha7.jpg



ジャン・ヌーベルのアラブ世界研究所とザッハの組み合わせはかなり強烈な組み合わせでした。
近未来みたい。
ヌーベルの本作は80年代に建てられたものだけど、いま見ても全く斬新。




zaha6.jpg



パビリオンの中。
展示はザハの建築模型とスライド上映が中心。

建築の展覧会って本物の作品を展示できないから、見せ方が非常に難しい。




zaha5.jpg



最初の模型は私の超注目してるアブダビのSaadiyat Islandのプロジェクトの一つ、Performing Arts Centre。現在建設中です。
劇場の壁や天井は透明という事かな?
うーん、完成したらぜひ見てみたい。
建築って写真や模型じゃ分からない部分が多いけど、簡単に見に行けないからもどかしい。




zaha3.jpg



BarcelonaにあるSpiral Tower(2006年から建設中)の模型。
これは良さそうだった!
Zahaの作品全般について、私はそんなに規模が大きくない建て物の方が好みでした。
高層ビルとか、大き過ぎるとインパクトがあり過ぎて下品に見える。
でもこのSpiral Towerはちょうど良さそうな規模。
ここはオフィスビルになるそう。

バルセロナはここ数年で、いい建築がたくさん建てられてる。
私はもう10年近く行ってないので、そろそろまた行きたいな。




zaha4.jpg



北京のビジネス街、CBD Core Areaの為のエチュード。
街の一角にフォルムや高さの違う高層ビルを何本も建てるというプロジェクト。
実現したらかなりあくの強いエリアになりそう。




zaha20_20111017075232.jpg



ザハの建築は自然の中にある形を参考に再現して作られているそう。
その有機的フォルムを追求する為に作られた模型たち。
下から上へ向かって形が変化していて面白い。
でもこれが高層ビルになっちゃうのは想像し難いけど。




zaha2.jpg



私はあまり好みじゃなかったので写真に収めなかったけど、他にもアラブの国々で建てられている高層ビルの模型やスライドが多数ありました。




zaha1.jpg



天井から自然光が差し込むようになってる。




zaha15.jpg



ザッハからヌーベルが透ける。




zaha16.jpg



MontpellierのPierre Vives(2006年~建設中)。
ここはかっこよさそう。
2600平米あって、中には図書館やスポーツセンターが入る国の文化施設。

フランス国内で他には、最近マルセイユにCMA CGM塔が完成されたところ。
映像を見た限り、街の中心で海の近くにあり、古い町並みの中に急に新しい建築が出現していて、なかり目を引く存在。

因みにパリにはまだザハの作品はありません。




zaha19.jpg



Guggenheim SingapourやNYの選手村、アラブ諸国、中国などなど、世界各国で現在進行中のプロジェクトや建設に至らなかった建築の模型たち。
変わった形の建物がたくさん。

新しいビルがたくさんある東京で育った私にとっても驚きだから、古い街並みの中で暮らすパリジャンたちの目にはどう映ってるのでしょうか。




zaha14.jpg



シャネルの服がめちゃ似合いそうなクローク!!!
カール・ラガーフェルドが自分の服をかけてそう!!!
内部の白黒でフューチャリスティックな感じは非常にカールのシャネルっぽい雰囲気。




zaha13.jpg



ザハの最新作品を壮観し、未来の都市空間を想像させる興味深い展覧会でした。





Zaha Hadid : Une Architecture
Institut du Monde Arabe
2011年10月30日迄
http://www.imarabe.org/exposition/zaha-hadid-une-architecture-3
スポンサーサイト

« Passy Tarte - Home - Palais Royalでお昼休み »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。