プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた日本食

Mon.31.05.2010 0 comments
ryo1.jpg


旦那さんのお母さんが、荷物と一緒に日本食を送ってくれました!

先日、おばあちゃんたちから沢山頂いたばかりなので、いま我が家では日本食材が充実していて、とっても嬉しいです。

今回は、旦那さんが数ヶ月前から食べたがっていて、リクエストしたレトルト・カレーも三種類頂きました。

懐かしの味。食べるのが楽しみっ!
スポンサーサイト

Auguste

Wed.26.05.2010 0 comments
a1.jpg


まあちゃんとまさよちゃんのフランス旅行、最後のディナーは一つ星レストランのAugusteでした。
前々日にどこかのレストランを予約するように頼まれ、急遽探したので、どこのお店もいっぱいでなかなか予約できずにちょっと苦闘しました・・。

ここのレストランはアンヴァリッドの近くにあって、フレンチだけど魚を多く使っていて軽めなのが特徴。
後からお店の人に聞いたのだけど、シェフのモットーは「食べ終わった後も胃がもたれないフレンチ」らしい。
私たち日本人にはぴったりのモットーでした。

シェフはタイ料理や日本食も研究しているようで、アジア系の食材もたくさん取り入れられていました。

今回、私たちは四人ともシェフおまかせコース(cours degustation)を注文しました。
前菜二品、魚料理、肉料理、フロマージュ、デザートが食べられるフルコースでした!


a2.jpg


前菜その1。
まずは、揚げ春巻き。
キャロットのソルベとバルサミコ・ソースと一緒に食べます。


m3.jpg


前菜ニ品目はフォアグラ。
このフォアグラは美味しかったー!
私は脂っこいのが苦手で、フォアグラを食べるとたいてい胃にずしっとくるのだけど、これはなぜか軽めのフォアグラで食べ易かった!


a4.jpg


お魚料理はスズキにピンクに着色された大根、ソースは柚子味で和な感じでした。
フランスのスズキは本当にいつも美味しいのだけど、今回は和風味付けでいつもと違う印象でした。
店員さん曰く、厨房には日本人シェフも一人いらっしゃるそう。


m5.jpg


お肉は鴨!
皮がカリカリで味もしっかり付いてました。

まあちゃんは鴨好きだそうで、喜んでくれました。


a6.jpg


フロマージュには、大きなチーズ一切れが惜しみなくどーんとお皿に盛られてきました!
ハード系の水牛のチーズで、名前は・・教えてもらったけど忘れてしまった・・。

このお皿はかなり斬新なデザインでオシャレだった!
少しだけ緑がかった透明な厚めのお皿の真中に赤い線が。
ここで赤い線を持って来るなんて、いけてる!

写真には写ってないけど、シェフお手製のミント味の蜂蜜をかけて食べました。
ミント味の蜂蜜は今までに食べたことない味で、すっごく新鮮でした。
しかもそれがこのフロマージュとよく合ってる!
まさよちゃんは最近蜂蜜に凝っているそうで、喜んでました。

色んなヨーロッパ系のレストランへ行くと、フロマージュ×何か、という組み合わせが出てくるけど、思いもつかないものが出てきて、しかもその組み合わせが美味しい時がよくあります。
こういう技が出来るシェフは、どれだけすごい味覚を持ってるのでしょう。
関心しちゃいます。

それにしても、このフロマージュは大量過ぎたので、美味しかったものの全員完食できませんでした。


a8.jpg


最後に、デザートには大きなチョコレートのスフレ!
右に付いてたのはナッツ系のアイス。
美味しかったけど甘いーー!
アイスと一緒に食べると少しは甘さが和らげられるものの、これも私は完食は出来ませんでした。
半分くらいで充分堪能しました。


m8.jpg


最後の最後にはカフェ。
こちらも食器がオシャレ。
下に敷いてある黒いのは、表面は木のようになっていましたが、触ってみると冷たく、持ってみたら重くて実は陶板でした。

まあちゃんとまさよちゃんはツアーでそんなに美味しいものを食べてなかったらしく、このレストランがダントツで美味しかったみたい。
最後に美味しいフレンチが食べれて良かったとすごく喜んでいました。

私もお店を選んだ身として責任重大だ!と思っていたので、満足して頂けたようで良かったです。
言うまでもなく、私自身も美味しくて満足でした。
私はフレンチのフルコースを食べた後はたいてい多少は気持ち悪くなっているのだけど、ここは量はそんなに多くないし、他に比べたら脂っぽくなかったから、良かったです。

まあちゃんとまさよちゃんと一緒にパリで美味しいフレンチが食べれて、本当に幸せな時間でした。
またパリへ来てね!


http://www.restaurantauguste.fr/#/ACCUEIL

まあちゃんとまさよちゃんがパリに来た!その2

Wed.26.05.2010 1 comments
m1.jpg


まあちゃんとまさよちゃんが、Parisへ戻ってきました!
お昼前にモン・サン・ミッシェルを出発してバスでパリへ向かい、途中でお昼を食べたもののやっとホテルで会えたのは15時30分頃になっていました。
この日はオペラの横にあるIntercontinental hotel, le grandへご宿泊。
格式の高いクラシックな雰囲気に、二人とも満足してました。

mmmm.jpg


ホテルのサロンにて。


mmm.jpg


私たち夫婦も便乗した撮ってもらっちゃいました!
この日は平日だったけど、旦那さんは午後半休を取ってくれました。


mm4.jpg


フランス人ののんびり受付でチェックインするのに30分程待ち、ようやくお部屋へ。
壁紙がフランスらしい模様でした。

この後は、カメラを持って行かなかったから写真がないのだけど、
ギャラリー・ラファイエットやセフォラ、モノ・プリなどでお買い物をして、
マドレーヌの方まで歩いて行ってラデュレのカフェでお茶。
イスファハンとミモザというケーキをみんなで食べました。


mmm2.jpg

写真は、まさよちゃんが買ってくれたラデュレ!
今回のセレクトは、旦那さんのお気に入りのピスタチオ、私のお気に入りのヴァニラ、そして今までに食べた事のないミント、ミモザ、チェリー、青リンゴの4種類を選びました!
私の中のラデュレ・スリートップ、ヴァニラ、キャラメル、ペタル・ド・ローズを越せる味は現れるでしょうか。
食べるのが楽しみっ。

それから、次の日の朝ご飯ように、ショコラ・ピスタチオ・クロワッサンも買ってくれました。
ラデュレのパンも美味しくて大好きー!

m11.jpg

まさよちゃんがくれた貴重なフラン!
私が初めてパリへ旅行で来た2002年は既にユーロが使われていたので、フランを見たのは初めてでした!
ドラクロワの絵が下手過ぎてびっくりした!

2012年までならユーロと交換してくれるらしいです。
あと一年少しは両替しないで、眺めながら大切に取っておきます。

一通り、ホテルの近くを散策していたら、あっという間にディナーの時間になっていました。
次のブログでディナーについて書きます。

まあちゃんのカレー

Tue.25.05.2010 0 comments
DSC_0002.jpg


小さい頃から父方のおばあちゃんのことを「まあちゃん」と呼んでいます。

今夜はパリに遊びに来てくれているまあちゃんと叔母さまが持ってきてくれたルーを使って、早速カレーを作りました。

日本で市販で売ってるルーはパリだと高いから、ありがたいです。

旦那さんのリクエストで、旦那さんの実家風に具は大きめでカットしました。

久しぶりに食べる日本のカレーは懐かしくて落ち着く味!

まあちゃん、まさよちゃん、どうもありがとう!

Champs-Elyséesが農場に!

Mon.24.05.2010 2 comments
ce2.jpg


本日月曜日は、Le Lundi de Pentecôteというキリスト教関係の祭日でした。
この三連休の間の、シャンゼリゼ通りの車道を通行止めにして、巨大な花壇にする!という企画が催されていました。

上の写真は菜の花畑。


ce1.jpg


この日は夏日で、最高気温は30度に。
お天気にも恵まれて(ちょっと暑過ぎですが)たくさんの人がイベントを見に来ていました。



ce3.jpg


topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。