プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Restaurant Georges Blanc

Sat.06.02.2010 0 comments
P1000611.jpg


いよいよジョルジュ・ブランでのディナータイム!




P1000612.jpg


レストランの中はクラシックなオーベルジュの雰囲気。





P1000616.jpg


Cocktail Maison
アペリティフはモモのリキュールをシャルドネで割ったベリーニでした。





P1000618.jpg





P1000615.jpg


Les Amuse bouches du jour
アペリティフと一緒に本日のアミューズが三種類サーブされました。
まず、スプーンに乗っているのはオレンジの実の形をしたフォアグラ!
上にオレンジを乾燥させたパウダーがかかっていました。
丸いもは白身魚のすり身をお団子状にして揚げたものでした。





P1000617.jpg


Les Amuse bouches du jour 2
そしてもう一つのアミューズはコンソメ・ゼリーにハムなどを合わせたもの。





P1000619.jpg


ワインは全てgeorges blancのオリジナルで、全てお料理に合わせて決められているdegustacionでした。
この写真のワインはマコンのぶどうを使っていて、他のワインもブルゴーニュのブドウのみが使われていました。





P1000620.jpg



P1000621.jpg


Crepe Vonnassienne au Saumon et cavier
Beurre battu aux Zestes de Combava
(サーモンとキャビアのヴォナス風クレープ
カフィア・ライムの皮を混ぜたバター・ソースかけ)

ジョルジュ・ブランの代表的な料理の一つが出てきました!
後の二品に比べて軽めで、ぺろっと食べられちゃいました。
右上の赤い実は皮を剥いだトマト。ちょっと酸味があって不思議な味。





P1000623.jpg


Minute de Bar nappee
d'une mariniere a l'huile vierge et au chardonnay
relevee d'une fondue d'aromates et d'herbes
(簡単に調理したニシスズキ
香辛料とハーブを加えたヴァージン・オイルとシャルドネの白ワイン煮ソースかけ)

お皿が出てきた時、これが何か認識出来ませんでした。
サービスの人の説明を聞いて、初めてこれが魚だと分かりました。

魚。なのに丸い。

丸い型に入れてくり抜いたのかな。でも、白身全体はカットされた形跡無し。
ニシスズキってそんなに大きいのかな。
どうやって丸くしたのか未だに気になってます。

ソースがまた美味しい。
お料理教室の先生をしている母は、一口食べただけで調理法が分かっていました。
母すごい・・。
ベースになっているソースはbeurre blanc(ブール・ブラン)で、白ワイン、バター、エシャロットを使って作るそう。
この料理ではbeurre blancに卵の黄身が加えてアレンジされているらしいです。
黄身は分解し易いから、このソースを作るのはすごく難しいとのこと。
他にはトマトの角切りと小葱もちりばめられていました。

この鮮やかな黄色と言い野性的なお花のような飾りと言い、元気な感じのデザインは、
非常にGeorges Blancさんらしいなと思いました。





P1000624.jpg


Poulet de Bresse aux gousses d'ail confites
Sauce foie gras
(ブレス鶏とにんにくのコンフィ フォアグラ・ソース)

Georges Blancのスペシャリテ!地鶏のブレス鶏!
鶏肉の部位は柔らかいむね、固めのもも、ニワトリの下のレバーの三種類が入っていました。
それどれに食感も味もかなり違いました。

ソースはフォアグラにワイン、生クリームが混ぜてあって、かなりこーってりな仕上げ。
鶏肉にこのソースをたっぷり絡めて食べると、本当に美味しい!

けど、ソースはちょっと重過ぎて、両親と旦那さんは完食できず、珍しく私だけが完食しました!

ほんと、美味しかったなー。
長い間三つ星を維持しているのが納得いくお味でした。





P1000626.jpg


fromage frais et affines

フロマージュのことも一通り勉強したことのある母が、なかなか食べれない美味しいフロマージュがどれか教えてくれました。

アドバイスをもとに私が頼んだのは
マコンのシェーブル、
Brillat Savarin(ブリア・サヴァラン)、
livarot(リヴァロ)
の三種類。

ブリア・サヴァランは白カビ系のクリーム・チーズ。
乳脂肪分がたっぷりで太りそうだけど美味しい味でした。
チーズの名はフランスの美食家の名前から取ったそう。
かなり余談ですが、彼は革命期に過激な政治家としても活躍していたそう。
その一方で「美味礼賛」という本を出版している、というからなかなか異色の人だったようです。
こんなエピソードを含めて、このフロマージュは気に入りました。

ノルマンディー産のウォッシュ、リヴァロもめっちゃ美味しかったです!
これはA.O.C.登録されていて、パリでも時々売ってるので買います。

他にはフロマージュ・ブラン、エポワース、コンテ、ブリー、モン・ドール、ロック・フォールそれにシェーブルが数種類など。
ドライ・フルーツも数種類ありました。





P1000627.jpg


La Panouille Bressane, Glacee a la Confiture de Lait

最高に美味しかった!
大袈裟でなく、生涯で食したデザートの中で最も美味しかったです。
旦那さんは、この日のメニューの中でデザートが一番良かったと言っていました。

このケーキ(?)は三層になっていて、
一番上がコンフィチュール・ドゥ・レのクリームみたいなもの、真中がキャラメルのソルベ、一番下がスポンジでした。
上にささっているのはビスケット。

食べたことのない味ばかりで、何と表現すれば良いのか分かりません。

とにかく、最高に美味でした。





P1000629.jpg


カフェはレストランから出て、レストランの入り口に設けられているサロン・スペースで頂きました。
レストランとは違ってゆったりした肘掛け椅子にすわり、美味しいお食事の余韻に浸りながら頂くカフェの時間は至福の時でした。

改めてお料理を思い出すと、本当、幸せな気持ちになる。

カフェと一緒に一口サイズの可愛いデザートたちも出てきたけど、
その時にはすでにお腹は限界をとっくに超えていたので、マカロンを一つ食べるので精一杯でした。

レストランに入ったのは20時だったけど、この時にはすでに24時を回っていました。
でもホテルの中を少し歩けば、もうベットで横になれる!
これがまたオーベルジュの良いところです!

代金は、宿泊費と夕食(ワイン代込)、朝食も付いて一人€300。
お料理はこんなに美味しいし、ホテルの雰囲気はすごく良いし、それを思うとこの金額はそんなに高くないように思いました。

ほんと、来て良かったです。
スポンサーサイト

Hotel Georges Blanc

Fri.05.02.2010 2 comments
マコンからタクシーに乗り45分。
ヴォナス村にあるミシュラン三つ星レストラン、ジョルジュ・ブランへ来ました!
ここは宿泊施設も併設しているオーベルジュ。
ホテルの評価も五つ星です。
ジョルジュ・ブラン・シェフは地元のブレス鶏を使ったお料理で成功し、私が産まれる前の1981年から三つ星を守り続けており、フレンチの有名シェフの中でも大御所中の大御所。

ヴォナス村は元々特に何も無い所だったけれど、ジョルジュ・ブランが三つ星を取ってから、高速道路のインターチェンジが作られたり、フランス各地から来るお金持ちの為の専用ヘリポートも作られたり、一つの三つ星レストランのお陰で村全体が活気に満ちた場所になったそう。
いま、世界的には「アートで街おこし」が流行っているけど、この村は「レストランで村おこし」が成功してました。

村自体は小さいけれど、至る所にお花が咲いていたり、キレイに整備されていました。
あいにく、私たちが行ったのは年末の雨の日で、村の景色の写真がうまく撮れなかったので、ホテルの中の写真のみ載せます。



DSC_0240.jpg



DSC_0239.jpg

私たちが泊まったお部屋。
ゆったりしたスペースで、赤が基調のクラシカルな雰囲気。すてき!




DSC_0248.jpg

タオルにはGeorges Blancのトレード・マークのニワトリさんが。



DSC_0249.jpg

ゴミ箱にもニワトリさん。



DSC_0246.jpg

Relais et Chateauxのアメニティ。



DSC_0250.jpg

スリッパ。



DSC_0231.jpg


P1000642.jpg

朝食を頂いたお部屋。
お庭が見えました。夏にはお花が咲いて、もっと気持ちが良いんだろうな。




P1000638.jpg


朝食はバイキング形式でした。
フランスのチーズが豊富に置いてあった事以外は、特に普通の朝食でした。

近くの席で宿泊客に混ざりながら、Georges BlancシェフもLe Monde誌を読みながら朝食を取っていました!
「Bonjour」と挨拶したら、笑顔で返事してくれました。




DSC_0233.jpg

廊下の途中のリラックス・スペース。
和みます。




P1000648.jpg


プール!
日本から水着を持って来ていないので、数回しか着れない使い捨ての水着を購入して泳ぎました。
鎖骨が全く出ないほど首の部分が詰まっている一方でハイレグ、かつワンサイズだから太めの人も着れるようにお腹の部分に非常に余裕がある、ものすごいダサイ水着でした。
でも、泳ぐのが大好きなので水着のことは気にせず一人で泳ぎまくりました。

このプールは壁三面がガラス張りになってるので、太陽が照っている時は光がたくさん入って来てすごく気持ち良い!
もしお金が有り余る程あったら、自宅にこういうプールを作りたいです。

他の宿泊客の方も、このプールで泳いだり、ハマムを利用したり、併設のスパへ行ってディナーまでの時間を楽しんでいました。
屋外にはテニス・コートやもう一つプールもあったので、夏はそちらでも楽しめるよう。

次回は三つ星レストランでのディナーについて書きます!

http://www.georgesblanc.com/

Restaurant Pierre, Macon

Wed.03.02.2010 0 comments
P1000583.jpg


Maconの街

今日からは、昨年末の12月30日から年を越して1月1日まで、両親と旦那さんと私の四人でブルゴーニュ地方のマコンとヴォナス、ボーヌへ小旅行へ出かけた時のことを書こうと思います。
もうすでに1ヶ月以上前のことになってしまいましたが、ブルゴーニュ・ワインをたくさん飲み、美味しい物をたくさん食べて特別な経験をしたので、忘れないためにもブログに書いておきます。

まずはヴォナスのホテルへ向かう前にお昼を食べに寄った小さな街、マコンで食べたランチのお話。
マコンはパリからTGVで2、3時間で行ける小さな街です。
特にこれと行った見所はありませんが、街の真中を流れているソーヌ川を中心に街が形成されていて、たくさんの橋が架かった川沿いの町並みは雰囲気がよかったです。





P1000585.jpg


Pierreの外観

この日は、朝早くにパリを出発し、11時頃にマコン駅に着きました。
タクシーで街の中心へ向かい、車を降りた後は少しだけお散歩。
12時を過ぎた頃にマコンの街で唯一ミシュラン一つ星を獲得しているレストラン「Pierre」へ入りました。





P1000592.jpg



お店の中。
すごくキレイな薄黄緑がこのお店のカラーのよう。
この色を基調としたお皿に合わせて壁紙も同じ色にされていました。
壁にはモネやルノアールの版画が。





P1000601.jpg


この日は前菜、メイン、デザート、カフェが含まれている一番カジュアルなコース、Menu du Marcheというコースを注文しました。
内容はどれも当日のメニュー1種類でした。

ワインはもちろん地酒のマコン・ワインを注文。

前菜で出てきたのは魚介のクリーム・ソースかけ。
美味し過ぎでしたーーーー!
メインの魚介は鯛、帆立、ムール貝で、それにドライトマトやグリーンピースなどが付け合わせで入っている。
ソースは生クリームとグリーンピースをミックスしたもの。
どの具材も多過ぎも少な過ぎもせず、絶妙なバランスが取れたお味。
今思い出しただけでも幸せになる最高の一品でした。
あぁ、もう一度食べたい。





P1000604.jpg


そしてお次はメインの鴨のコンフィとマッシュド・ポテト。
こんな鴨のコンフィ見た事ない!
そしてこんなに美味しい鴨のコンフィは初めて!!
とろとろになるまで煮込んだ鴨のコンフィをほぐして骨を取り、マッシュド・ポテトと交互に重ねる。
丸い型を使って綺麗に盛りつけし、最後に乾燥させた生ハムが上に飾られていました。
周りの野菜は軽くローストしたポロ葱、ちっちゃくて可愛いミニ・オニオン、ブロッコリー、それにマカロニ!
この上に鴨のコンフィにかけられていたのと同じソースが。





P1000605.jpg


お次ぎは、プティ・デセールの盛り合わせ。
右からボルドーの名菓キャヌレ、
ピスタチオの焼き菓子 レーズン乗せ、
チョコの箱に入ったキャラメル・クリーム オレンジ・ピール付き、
クッキーの上にのったキャラメルを絡めたゴールドのナッツ、
葉っぱの形のホワイト・チョコ。
こういう遊び心満載の可愛いお菓子たちを楽しんで食べると、ほんとうに幸せになります。





P1000607.jpg


そして最後にメインのデセール。
蓮華の上に乗っているのはパイナップルのソルベ、
真中はマンダリンとココナッツのプティ・ケーキ、
そしてグラスに入っているのはカフェ・オレのムースでした。
特にムースが美味でした。

コース全体を振り返ってみると、改めて本当に美味しかった。
特に食事系の前菜とメイン。あり得ない美味しさでした。

そして更に、信じ難いCPの良さ。
ランチがこのクオリティーとボリュームで、なんと€21!!
信じられない・・。

あえてマイナスの点を言うと、サービスの女の子たちの対応が良くはなかったです。
仕切っている綺麗な女性はとても感じが良かったけど、
その人以外の地元のバイトみたいな女子たちは感じはやる気がない感じでした。

とはいえ念を押しますが、やっぱり総合的にはすごく良いお店なのは間違いありません。
またMaconに来る機会があったら必ず行きたいです!

http://www.restaurant-pierre.com/

Restaurant Le Cinq

Tue.02.02.2010 0 comments
P1020249.jpg



ブルターニュへの小旅行からパリ帰ってきた後、
シャンゼリゼ通りから徒歩圏内にあるhotel four seasons George Vに入っているレストラン、Le Cinqへランチを食べに行きました。
ミシュランで二つ星を獲得しているそうです。
私にとってはフランスで星付きにレストランへ行くのは初めての体験!
記念すべき日になりました。

レストランの中は宮殿のようにクラシカルで豪華な雰囲気!
まるでルーブル宮やヴェルサイユ宮の一室をレストランに改装したよう。
たくさんの生花が飾られていたのもとっても美しかったです。
こんな素敵な場所でお食事が出来るなんて、本当に夢のようでした。

残念ながら、室内の写真も撮りたかったのですが、周りにいたドレスアップした素敵なフランス人たちの目が気になって撮れませんでした。
HPに室内の画像が載っているので、こちらを見て思い出に浸ることにします。

http://www.fourseasons.com/paris/dining/le_cinq.html

自分のいる部屋をうっとり見つめていると、シャンパンが出てきました。
それもシャルドネのみで作られているというブラン・ド・ブラン!
すごく美味しくて驚きました。

ワイン・リストは分厚過ぎて「ワイン辞典」みたい。
ソムリエの資格を持っていて自宅でワイン教室もやっている母とワインが大好きな父は、楽しそうにメニュー(辞典)をめくっていました。





P1020247.jpg


Le Cinqのシンボル?と思われるギリシャ神話風女神と子どものカメオ。
この絵がお皿やレストラン内装の至る所に描かれて、クラシカルな雰囲気を増長させていました。





P1000551.jpg


こちらも同じマークが描かれた入れ物。
周りのペール・トーンの色がカワイイ。





P1020250.jpg


ガラスのケースの中に入っているのは、なんとバター!





P1020251.jpg


こちらは細かく切った野菜が練り込まれたアレンジ・バター!
ガラスの中に入った小さなクリスマス・ツリーみたいで可愛い!可愛過ぎ!!





P1020255.jpg


この日は各自お昼のコースを注文しました。
まず出てきたのはプティ・タミューズの3点盛り。
右からほうれん草とカボチャ、
鰻とクレープ、
マッシュルームといちじく、が使われていました。





P1020257.jpg


父と旦那さん、妹、私は前菜にまて貝をチョイス。
新鮮なマテ貝にオリーブ・オイルを少したらして焼いてある。
美味しい!!
未だに忘れ難い味です。

毎週、築地へ食料を買い出しに行っている母曰く、日本のマテ貝はこの2/3くらいの大きさとのこと。





P1000538.jpg


母が頼んだ前菜には、大根のマリネやワサビが使われ、和風にアレンジされていました。





P1000539.jpg


母の前菜にはゼリー状のものが付いていました。
かに味噌とコンソメを混ぜ、おそらくナンプラーを少したらし、固めた半透明のもの。
上にはクリーム・ソースがかかっていたけど、ナンプラーらしきものの味により東南アジアの味の方が勝っていました。





P1020259.jpg


磁器で作られたタジンに包まれてメインが登場!





P1020260.jpg


タジンの中には、女性陣が選んだ牛頬肉の煮込みが。
なんとフォアグラのラビオリ包みも入っていた!
贅沢なフォアグラをカジュアルな食材のラビオリでくるむ、余裕のある創作料理。
他にはシュー・ド・ブシュッセル、人参、じゃがいもも入っていました。
お肉は量は2人前くらい入っていたけど、正直味がちょっと薄かった。
このプレートの中ではフォアグラの方が美味しかったです。

ここで素晴らしかったサービスについて。
私はお肉の量が多過ぎたので、半分くらい残してしまったのだけど、暫くして、サービスの人に下げて良いかどうか訊かれ、「旦那さんが食べるから置いておいて。」と言うと、温め直してくれました。
しかも別の器に移してキレイに盛りつけし直し、まるで新しい料理が出てきたみたいでした!
あまりのサービスの良さにちょっと感動でした。





P1020261_20100202220100.jpg


牛頬肉と一緒にサーブされたアミューズ。
上に乗っているクリームは甘くはなく、下のパン状のものもあんまり味がしなかった。
これだけで食べるものなのか!?と食べ方がよく分からないまま食べた。
これは何だったのだろう。未だに疑問です。
お店の人に訊けばよかった。





P1020262.jpg


父と旦那さんはお魚を選択。





P1020263.jpg


お魚にもアミューズが付いてきました。
こちらはからあげ。





P1020267.jpg


父と旦那さんがメイン以外に、ア・ラ・カルトの中からジビエを注文。
これは最高に美味しかった!





P1020269.jpg


お口直しのシャーベット。
ローズ味のシャーベットにバニラのムースとバニラのマカロン、それにライチの実が中に混ぜられていました。
美味しいー!
シャーベットがサーブされてから中にライチが入っていると知り、ライチ・アレルギーを持っている旦那さんはサービスの人にその旨を伝えると、すぐにライチ無しのものに作り替えてくれました!
それもすごく感じ良く引き受けてくれました。





P1000544.jpg


いよいよデザートのフォンダン・ショコラ。
ここでまた素晴らしいサービスについてのお話。
私はデザートを注文する時に、メニューの中からフォンダン・ショコラにしようかブッシュ・ド・ノエルにしようか真剣に迷っていて、サービスの人にそれぞれがどんな特徴か詳しく訊いていたのだけど、するとサービスの人が「あなたの為にスペシャルなものを作るから楽しみにしていて。」と言ってくれました。
どんなものが出てくるか期待しつつ、でもお腹がいっぱいだから食べれるかどうか心配しながら待っていると、なんとフォンダン・ショコラとブッシュ・ド・ノエルの両方を私一人に出してくれました!
嬉し過ぎ!
でもお腹いっぱいで苦しい!





P1000546.jpg


サービスで出してくれたお洒落なブッシュ・ド・ノエル。
使われているのはチョコとメレング、それにオレンジの実でした。
爽やかな生のオレンジがふんだんに使われ、チョコが入っていても重過ぎないケーキに仕上がっていました。
左端には赤と白の小さいキノコさんが隠れていて可愛い!

美味しいけどお腹がいっぱいで食べるのが辛そうにしている私を見て、サービスの人は「全部食べなきゃダメだよ。」とジョークを言いに来たり、ふざけて食べる進み具合をチェックしに来たりしていました。





P1000541.jpg


両親が頼んでいたパイナップルなどを使ったケーキ。





P1020266.jpg


ゴージャスなデザートのカート。
さて、いよいよケーキも食べ終わり、お茶を飲んで帰ろう、と思っていた所、ゴージャスなデザートのカートがやって来て「好きなだけ選んで!」と言います。
もう食べられません!何もいりません!
と言うものの、サービスの人は「君はメインのお肉を残したのだから、デザートはしっかり食べなさい!」と言い、チョコやマカロン、クッキーなどをたくさん持ってくれました。
もう無理・・、と思ったけど頑張って完食しました。





P1000548.jpg


今度こそ、カフェにたどり着きました。
コーヒーカップが可愛い。





P1000550.jpg

紅茶を頼んだ人も。





DSCF2603.jpg


お土産には各自にキャラメルをくれました。

レストランに着いたのは13時だったけれど、帰る頃にはもう17時近くになっていました!

Le Cinqを振り返ってみると、料理、サービス、雰囲気、どれもめちゃくちゃレベルが高いのですが、厳密に言うと以下の通りだと思います。↓

料理の美味しさ、値段 < サービス、雰囲気


もしかしたら、数年前よりも少しお料理のレベルが落ちたのかもしれないです。
というのも、以前よりもミシュランの星が減ったらしいので。

ミシュランの星の変遷
2000(オープンした年) *
2001-2002 **
2003-2006 ***
2007-2009 **


とはいえ、家族でこんなに豪華な所で楽しくお食事が出来たことは、とっても良い思い出になりました。
美味しかったお料理とお酒、キラキラ輝くガラスと趣味の良い食器、デコラティブな内装、感じの良いサービスなど、全部が特別な体験として心地よく思い出されます。
フランスでしか味わえない、極上のランチでした!

Restaurant Gilles, Saint Malo

Mon.01.02.2010 0 comments
P1000140.jpg


またまたサン・マロの魚介レストランについて。
順番は前後していますが、ブルターニュへの旅行でサン・マロに着いた日の夜に行ったお店です。

こちらもミシュランに載っていて美味しそうだったので、パリから予約して行きました。

お料理はサン・マロ近郊で獲れた魚介をふんだんに使ったメーニューばかりで、どれも美味しそう!
メインは色んな魚をポワレやソテーで軽く調理して、クリーム系のソースをかけたものが多かったです。

この日はそれぞれ前菜とメインのコースを注文しました。
上の写真は飲み物と同じタイミングで出てきたプティ・アミューズ。
お皿の青が美しいです。





P1000141.jpg


まずは旦那さんと父が注文した前菜の生牡蠣!
サン・マロからも近くにある、ブルターニュ地方のカンカルという牡蠣の産地で有名な所のものでした。
数個味見をさせてもらったけど、臭みが全くなくて、ほんとに美味しかった~。
驚くことに、8個で一人前でした!




P1000142.jpg


私が頼んだ帆立の煮込み。
帆立とトマト系のスープの組み合わせをあまり食べた事がなかったので、新鮮な感じでした。





P1020020.jpg


妹が頼んだカニのスープ。
これも美味しかった!





P1020021.jpg


母が頼んだ前菜のフォアグラ。





P1000144.jpg


旦那さんが頼んだ鯛のポワレ。
美味しかった。





P1000143.jpg


妹が頼んだアルザス料理、魚のシュークルート。
美味しかったけど、ちょっとキャベツがたっぷり過ぎて、妹はかなり残してました。





P1000145.jpg


母と私が頼んだメインはスズキのポワレ。
これは美味しかった!





P1000149.jpg


最後に、父が注文したメイン、鴨のコンフィ。
鴨のコンフィが大好きな父は、魚介メインのお店に入ったものの、フランスに来たからには、どうしても早く鴨が食べたくなって頼んでしまいました。
お味は特に美味しいと言う訳ではなく、皆が頼んだメインの中では一番美味しくなかったです。笑
外食する時は、やはりお店が得意な料理を注文すべきですね。


http://www.restaurant-gilles-saint-malo.com/

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。