プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aromatherapyassociates

Wed.27.05.2009 0 comments
GC086-00-0020-0130_main.jpg
念願だったaromatherapyassociatesのボディクリームを遂に手に入れました!六本木のESTNATIONで初めて見た時から欲しかった念願の品です。日本ではとっても高くて手が届かず、イギリスのブランドだからこちらでは安く買えるだろう、と思っていましたが、実際値段はあまり変わりませんでした・・。今回はローズの香りを購入しました。このクリームには名前の通りアロマの効果が入っていて、寝る前に付けるととてもリラックス出来てぐっすり眠れます。私は寝付きが悪いのですが、これを使い初めてからは寝付きも良くなりました。しかもパッケージもミニマムでカワイイ。かなりお気に入りです。

http://www.aromatherapyassociates.com/
スポンサーサイト

Gerhard Richter Potraits: National Portrait Museum

Wed.27.05.2009 0 comments
ブログに書きたいことがたくさんあるのですが、家でインターネットが使えないのでなかなか更新出来なくてもどかしいです。今回は、先週見に行ったNational Portrait Galleryで開催されているリヒターの展覧会が面白かったので、そのことを少し書きます。ドイツ出身のリヒターはコンテンポラリーアートシーンを語る上で欠く事の出来ないの作家の一人で、オークションでの価格は現存ドイツ人作家の中で最も高額です。良い作品だと、数十億円くらい。この展覧会はPortrait Galleryで開催されてるだけあって、全て人物を描いたPhoto Picturesシリーズからの出展でした。60年代から現在までの作品が展示されていましたが、総作品数は30点前後で、大きな展覧会ではありません。一般的に、肖像画の多くはモデルのキャラクターを捉えるように描かれていることに対して、リヒターは焦点を暈すことによってモデルの個性を隠すように描いていると感じました。モデルの存在が曖昧だからこそ、見る人は想像力を掻き立てられ、それが作品の魅力になっているのでしょうか。加えて、リヒターはとにかく巧い。それも多くの人に支持されてる所以でしょう。個人的にはリヒターの作品の中では色の複雑な層を幾十にも重ねたアブストラクト・ペインティングのシリーズの方が魅力を感じますが、この展覧会を見てPhoto Picturesシリーズも良いなと思うようになりました。

http://www.npg.org.uk:8080/richter/index.htm

The Wallace Collection

Fri.22.05.2009 0 comments
L6.jpg




こんにちは。今週のロンドンは気持ち良い晴れた日が続いていてとっても幸せです。今まで冬のロンドンしか知らなかったけれど、冬はほとんど毎日景色が灰色一色だったけど、春のロンドンは全然雰囲気が違うんですね。公園の緑は鮮やかだし、真っ青な青空も見られます。もし、ロンドンへ旅行する機会がある人がいたら、絶対に春か夏を薦めます!

さて、昨日は通っている学校の近くにある美術館、The Wallace Collectionへ行ってきました。Oxford Streetという人で溢れた通り沿いにあるSelfridgesという老舗高級デパートの裏の辺りにあります。賑やかな繁華街の近くではありますが、美術館の近くだけ静寂です。ここは、18世紀後半のフランスのロココ期の作品を主に所蔵してます。絵画を中心に、ロココの家具、セーブルの食器や鎧も展示されていました。美術館内部はまさにロココ一色!金で塗られた異常にデコラティブな額に入った絵がピンクの壁紙の上に飾られてる、こてこてなロココでした。室内装飾は写真撮影が禁じられていたので、残念ながら美術館の内部の様子はお伝え出来ません。

絵画のコレクションはロココ以外のものもたくさんあり、特にルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラント、あとはヴェネチア派のカナレットやベラスケスもありました。美術館の一番のハイライトはフラゴナールの「ぶらんこ」でしょうか。ロココの代表的な絵として世界史の教科書に掲載されているくらい有名だけど、よく見るとなんだか奇妙なのです。描かれている人物は三人で、実は、一人の女性を中心とした三角関係を描いた絵だそうです。左下のバラの茂みに隠れた男爵はこの絵の依頼主、中央の女性はその恋人、そして右下でぶらんこを振らす老人は女性の夫とのこと。若者は茂みの陰に隠れていて、老人の位置から彼は見えなく、老人は愛人の存在に気づいていない様子。一見優雅な絵だけど、実は不健全で歪んだ男女の関係を描いたこの絵は、やはり傑作だと思いました。

明日はミュージカルのウィキッドを見に行く予定です!原作は「オズの魔法使い」でこれを現代風にアレンジしたストーリーらしいです。楽しみっ!!

Geffrye Museum

Tue.19.05.2009 4 comments
昨日はLondon東エリアにあるLiverpoolにある美術館、Geffrye Museumへ行ってきました。

ここは16世紀以降のイギリス室内装飾を時代ごとに追って、部屋を再現して展示してるインテリア専門の美術館。外にはアイリスとバラが咲いてるイギリス式のお庭があって、とってものどか。1時間くらいあれば見れる小さなところで、観光客もそんなにいなく、ゆっくりと良い時間が過ごせました。

http://www.geffrye-museum.org.uk/



l7.jpg


美術館のエントランス





L3.jpg


18世紀後半のお部屋





L4.jpg


1920年代 アール・デコ





L5.jpg


1950's Midcenturyのお部屋。素敵!

ロンドン便り

Tue.19.05.2009 6 comments
こんにちは。
ご無沙汰している方もいらっしゃると思うので、まずは近況報告を。
3月に3年間働いていたアートのオークション会社を退職しまして、いまはロンドンに住んでいます。それと、最近入籍しました。名字は本橋になりました。新婚ですが、早速旦那さんと離ればなれで住んでます。

さて、ロンドンに到着して早1ヶ月半が経ち、こちらでの生活もかなり慣れてきてました。今はロンドンの西側のHammersmith地区のRavenscourt Parkというエリアに滞在してます。名前の通り、大きな公園の近くで住み易い地区です。滞在してるFLATではインターネットが使えないので、その点ちょっと不便ですが、FLATメイトのAlexというフランス人の女の子(写真の赤いキャミソールの子)ととっても気が合うので、いまの住環境には満足してます。


L2.jpg

Hyde Park




L1.jpg

Trafalgar square

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。