プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bordeaux: Restaurant le Saint James, le petit-déjeuner

Sat.26.06.2010 0 comments
P1010357.jpg


Le Saint Jamesでの朝ご飯ビュッフェは、とっても豪華でした!

ジャン・ヌーベル設計のレストランは奥へ行くにつれて床が下へ下がる、階段状になってました。



P1010358.jpg



P1010362.jpg


美味しかったサーモン。



P1010359.jpg

P1010360.jpg


色んな種類のハム、サラミにサーディン!



P1010361.jpg


好物の乾燥無花果も。



P1010364.jpg


ビュッフェを選んでいる間に係の人が、三人分のたくさんパンを持って来てくれました。



P1010363.jpg


そして、三人分のデザートも持って来てくれた!
ヨーグルトとジャム2種類、それにココナッツゼリーやオレンジゼリーも。

写真の上に見えてるイチゴのフルーツ・ミックスジュースと生オレンジ・ジュースがめっちゃ美味しかった!



P1010365.jpg


最後はフルーツタルトで。
スポンサーサイト

Bordeaux: Restaurant le Saint James

Fri.25.06.2010 0 comments
1_20100717043203.jpg


夜ご飯はホテルのレストランで。
ここは建築も素敵なホテルだけど、レストランもとても良い。
ミシュラン二つ星。



2_20100717043203.jpg


前日に引き続き、天気の良い日だったので、ご飯はアペリティフからデザートまで外の席で頂きました。
日中暑かった分、夜はちょうど良い温度で過ごし安かった。
日本みたいに虫はいないし。



3_20100717043203.jpg


レストランの外の席は、ボルドーの街を一望出来る特等席。



4_20100717043203.jpg


客席は少なかったけどスタッフはたくさんいました。
感じもとても良かった。
私たちは端の席だったので、よりゆっくり食事出来ました。



5_20100717043203.jpg


まずはシャンパーニュ。
3月にカーブを見に行ったランスのPommeryで乾杯。



6_20100717043202.jpg


amuse-bouche du jour

今日のお料理はmorceaux choisisというコースを注文。
アミューズ、前菜、メイン、デザートで65€という二つ星にしてはかなりお得な価格設定。
パリだったら絶対この値段で二つ星のフルコースは食べれない!



7_20100717044323.jpg


出て来ました、前菜。
蓋を開けると・・



8_20100717044323.jpg


横には生野菜をゼリー状に固めたもの、上にはなんとパルメザンチーズが刺さってる。



9_20100717044323.jpg


パン



10_20100717044323.jpg


メインは鰻!
なんと、赤ワイン・ソースがかかってる。
日本人的感覚から言うと、赤ワイン・ソースはあり得ない感じがするけど、
すごく美味しかった!!
三人とも感動の一品でした。



11_20100717044322.jpg


夜もだんだんと更けて。



12_20100717044322.jpg





13_20100717045543.jpg


メインもお魚をチョイス。



14_20100717045543.jpg





15.jpg


デザート1
チェリーに生クリーム。



16.jpg


最後のデザート。
なんと、ミントのスポンジケーキにロケットの葉のソルベ、
黄緑の丸い周りに散らしてあるものはきゅうりの身でした。

アイディアには全く感心させられるけど、お味の方はイマイチ。
というのも、材料がロケットや胡瓜だから、生野菜の味がしてデザートっぽくない。



17.jpg


そして、出て来ました。
デザート選びたい放題のカート!



20.jpg


あまりに美味しそうなものがたくさんあるので、つい沢山選んじゃいました。



19.jpg


18.jpg


カフェに付いてお砂糖は、ボルドー銘菓のカヌレの形をしていました。
Jolie!



22.jpg


フレンチのフルコースにしてはヴォリュームがそんなになかったので、腹11分目くらいでお部屋に帰れました。
やっぱりレストランから部屋へ直接帰れるのは楽で良いですね。

部屋から見たレストランは、お昼の感じとまた違いました。



21.jpg


ボルドーの街ではワイン祭りの花火が打上げられてました。
ちょうどお部屋から花火が見れて、ちょっと贅沢な気分。



23.jpg


ボルドーの夜景を見ながら、
おやすみなさい。

Saint Emilion: Hostellerie Plaisance

Thu.24.06.2010 0 comments
P1010278.jpg


夜ご飯はサンテミリオンの街に戻って来て、Hostellerie Plaisanceという二つ星のレストランへ。
街の一番高い場所に位置するこのレストランは、信じられないくらい綺麗な景色の場所。
この景色を見れただけで、ここへ来て良かったな、と感動。



P1010264.jpg


遅くまで暖かい季節だったので、アペリティフだけでなく、お食事も外で頂きました。



P1010258.jpg


お食事は、このレストランの得意料理をたくさん集めたLe menu plats signature(€95)を注文。



P1010260.jpg


暑い一日だったし自転車をたくさんこいだから、まずはランスのシャンパーニュ、Taittingerを注文。
一緒に上の写真のamuse de boucheが出てきました。

右からトマトとバジル、
胡瓜、
フロマージュのミルフィーユ、
ビーツ、ハム、メロン。



P1010267.jpg


有塩バターと無塩バター



P1010268.jpg




P1010269.jpg


なんだかパンまで文化遺産みたいに見えてきちゃいます。



P1010271.jpg


前菜一品目(又はamuse de bouche?)
マカロンみたいな形。
ビーツのムースに刻んだビーツ、生クリームが入ってる。

ワインは白ワイン二杯とサンテミリオンの赤一杯がセットになったコース(€60)を選びました。



P1010273_20100710034612.jpg


前菜の二品目は何て言えば良いのだろう。
フライした卵にジロルとバルサミコ・ソース。

卵はほんの少しだけ煮て殻を取り、中身を出してフライしたのかな。
作るのかなり大変そう。

周りはジロル、マカデミアナッツ、杏、卵、ボワロー、水菜。



P1010274.jpg


だんだん暗くなってきた



P1010275.jpg



P1010276.jpg


下を見ると、お昼にお茶した広場が。



P1010286.jpg


前菜三品目はアジア風。
美味しい蟹に生海苔とコリアンダーが。
ソースの出汁は昆布。
そして周りにはオリジナルの豆腐が三種類。
ほんのり黄色が卵豆腐、ほんのり灰色はごま豆腐、そして白はココナッツ豆腐!

海苔とコリアンダー、蟹の組合せが意外に美味しく、豆腐も美味しかった。
私は全部の料理の中でこれが一番気に入りました。



P1010289.jpg


いよいよメイン一品目のお魚。
カリカリに焼いたスズキにマンダリンとライムのソース。

このソースは残念ながらイマイチ。
新しい味を作るのに頑張り過ぎて失敗しちゃった感じ。
折角の美味しいスズキがもったえない。

写真は食べる前に撮り忘れちゃったので、ちょっと食べかけ。



P1010290.jpg


メインのお肉。
ウサギにサフランのリゾット、コンソメ・ソープかけ。



P1010291.jpg


チーズ盛り合わせ

私はサレール、エポワース、ミモレットにクルミとドライ・フィグを注文。



P1010292.jpg


ケーキはラズベリーとショコラ。



P1010293.jpg


なんと、もう1つケーキが出て来ました。
記憶が曖昧だけど、確かパイナップルが入ってる東南アジア風の味でした。



P1010294.jpg


ギャルソンが植物が植えられた鉢がたくさん入れられたカートを運んで来るから、一体何だろうと思ったら、なんとアンフュージョンのお茶を作る葉でした。
折角だから、私はテ・アンフュージョンを注文。
(どの種類だったか忘れました。)
するとギャルソンは、なんと植物をハサミで切り始めました。
それをポットに入れて熱湯をかけ、「暫く待ってから注いでね」と言って渡してくれました。

ナチュラルな味でした~。



P1010296.jpg


最後の最後のデザートのカート。



P1010297.jpg


お腹がいっぱい過ぎたけど、珍しい物だけを選びました。
オリーブ・オイルのマカロン、
ライムのショコラ、
キャラメル入りホワイト・チョコ。


おまけの沢山ついたフルコースだったので、レストランを出たのは24時過ぎでした。

いやー、本当に眺めの良いレストランでした。
サンテミリオンに行く人がいたら、値段がちょっとはっても絶対にココをお勧めします。
夕方にはお茶だけでもokらしいので、それでも行くべきです。
だって、街の最も眺めの良い場所をレストランが私有地化してるようなものだもの。

実はここ、レストランだけでなくホテルもあります。
確か五つ星ホテルだったかな?
HP見たらすごーく素敵そうだった!
お値段が高すぎるので今回は行けなかったけど、いつかまたサンテミリオンへ来ることがあったら泊まってみたいなぁ。
10年後なら泊まれるようになってるかな。
20年かかるかもなぁ・・。



http://www.hostellerie-plaisance.com/

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。