プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Restaurant Gilles, Saint Malo

Mon.01.02.2010 0 comments
P1000140.jpg


またまたサン・マロの魚介レストランについて。
順番は前後していますが、ブルターニュへの旅行でサン・マロに着いた日の夜に行ったお店です。

こちらもミシュランに載っていて美味しそうだったので、パリから予約して行きました。

お料理はサン・マロ近郊で獲れた魚介をふんだんに使ったメーニューばかりで、どれも美味しそう!
メインは色んな魚をポワレやソテーで軽く調理して、クリーム系のソースをかけたものが多かったです。

この日はそれぞれ前菜とメインのコースを注文しました。
上の写真は飲み物と同じタイミングで出てきたプティ・アミューズ。
お皿の青が美しいです。





P1000141.jpg


まずは旦那さんと父が注文した前菜の生牡蠣!
サン・マロからも近くにある、ブルターニュ地方のカンカルという牡蠣の産地で有名な所のものでした。
数個味見をさせてもらったけど、臭みが全くなくて、ほんとに美味しかった~。
驚くことに、8個で一人前でした!




P1000142.jpg


私が頼んだ帆立の煮込み。
帆立とトマト系のスープの組み合わせをあまり食べた事がなかったので、新鮮な感じでした。





P1020020.jpg


妹が頼んだカニのスープ。
これも美味しかった!





P1020021.jpg


母が頼んだ前菜のフォアグラ。





P1000144.jpg


旦那さんが頼んだ鯛のポワレ。
美味しかった。





P1000143.jpg


妹が頼んだアルザス料理、魚のシュークルート。
美味しかったけど、ちょっとキャベツがたっぷり過ぎて、妹はかなり残してました。





P1000145.jpg


母と私が頼んだメインはスズキのポワレ。
これは美味しかった!





P1000149.jpg


最後に、父が注文したメイン、鴨のコンフィ。
鴨のコンフィが大好きな父は、魚介メインのお店に入ったものの、フランスに来たからには、どうしても早く鴨が食べたくなって頼んでしまいました。
お味は特に美味しいと言う訳ではなく、皆が頼んだメインの中では一番美味しくなかったです。笑
外食する時は、やはりお店が得意な料理を注文すべきですね。


http://www.restaurant-gilles-saint-malo.com/
スポンサーサイト

Delaunay

Fri.29.01.2010 0 comments
サン・マロのレストラン、第二弾です。

海に囲まれたブルターニュの名物といえば、魚介!
今日はサン・マロの城壁の中にあるレストラン、Delaunayを紹介します。

このレストランはミシュランに掲載されていて見つけました。
最近だんだんと分かってきたのですが、フランス版ミシュランに載っているレストランは、星を獲得していないところでもすごく美味しいです!
それに、星無しのところはCPが良いこともあるし、星有りの多くのお店と違って親しみ易い雰囲気だったりします。
このDelaunayも、そんなレストランの一つでした。
サン・マロにはミシュラン一つ星のレストランが二軒あり、どちらかへ行ってみたかったのすが、両方とも予約が取れなかったので今回は断念しました。
けど、このレストランもとっても美味しかったので星付きの所じゃなくても大満足でした。

ここのお料理はサン・マロの多くのレストラン同様、魚介をメインに地元の特産物を使ったフレンチ。
面白いことに、シェフは東南アジア料理に興味があるようで、料理のあちらこちらにタイ料理やベトナム料理にヒントを得たと思われる料理法や素材が取り入れられていました。
サン・マロのトラッド・フレンチ×東南アジア。
ひと言で言うとこんな感じでしょうか。

店内は清潔感があって綺麗な感じ。
店員さんたちの感じもとっても良かったです。





P1020161.jpg


まずはお通し。
前述の通り、早速東南アジア風、さつま揚げ的なもの蓮華の上にちょこんと乗っている。
右にあるのはプチ・スープ。





P1000436.jpg


この日のワイン。
リストを見る限り、A.O.C.のワインがたくさん揃っていました。
ブルターニュではブドウは育たないので、ここのお店もワインだけはボルドーやブルゴーニュのもの中心でした。





P1020162.jpg


前菜のエビとポテトのスープ。
中央にはパスタ(?)みたいな麺をカリっと揚げたものがトッピングされていました。
前菜とはいえボリュームがかなりあることに加えてベースがポテトなので、これを食べ終わる頃にはもう腹八分くらいになっちゃいました。





P1000438.jpg


メインはもちろん、サン・マロ名物の魚介!
帆立のリゾットです。
一緒に行った5人全員が満場一致で同じメインを注文しました。笑
リゾットと言っても写真の通り大きな帆立が主役。
お米は入ってなくて、帆立の下にはジャガイモとサツマイモの中間のお芋(日本ではインカのめざめと呼ばれてるお芋)が敷いてありました。
大きな帆立はマイルドなお味でシルキーな舌触りでした。美味しかった~。





P1020163.jpg


お口直しの一口シャーベット。





P1000439.jpg


デザートでは、シェフの東南アジア趣味があらゆるところに取り入れられてる!
メニューを見たら、タピオカやココナッツ・ミルク、バナナ、パイナップルなどをふんだんに使ったデザートばかり。
写真のチョコレート・パフェの中には、なんとタピオカがたくさん入ってました!





P1000440.jpg


こちらはパイナップルを使ったデザート盛り合わせ。
細長いグラスに入ったパイナップル・シャーベットにパイナップル・マフィン、それに生パイナップルをローストしたもの。





P1020164.jpg


食後のカフェ。
デザートも一緒に盛りつけられるお皿がとってもキュート!
小さなショコラとゼリー、メレンゲの三色の組み合わせや配置までカワイイ!
フランス人のこういうセンスがあるところ、大好きです。





P1020165.jpg


男性陣はカフェの代わりに食後種として地酒のカルバドスを頂いていました。
味見させてもらったけど、流石地酒。
格別に美味しかったー。





P1020179.jpg


お酒大好きな私の両親は、食後酒だけじゃ飲み足りず、レストラン近くの酒屋さんで年代もののカルバドスを購入。
ホテルに帰ってからは、お部屋で皆で早速試飲会をしました。

あまりに美味しいので、翌日父はお土産として8年ものと12年ものを計2本買ってました。
お酒大好きだけど貧乏でカルバドスを買えないうちの旦那さんが、欲しそうにお店でモジモジしていると、父が旦那さんに12年ものを買ってくれました!
その時の旦那さんの嬉しくてたまらない様子の満面の笑みは忘れられません。笑
ブログには載せられないけど、ちゃんと笑顔の写真も残ってます。
その姿を見て妹と爆笑したのは旅行の良い思い出になりました。




restaurant Delaunay, Saint Malo
http://www.restaurant-delaunay.com/

Le Petit Crepier

Wed.27.01.2010 2 comments
P1000471_20100117065928.jpg


ブルターニュと言えば、ガレット!
サン・マロへ行ったら絶対に美味しいガレットを食べようと思い色々リサーチした結果、
最も評判が良かったのがこのお店、Le Petit Crepier。
事前にメールで予約して行きました。

店内は赤が基調で、壁には小さい絵がたくさん飾ってあったり、可愛らしくて親しみやすい感じでした。
フランスではランチにガレット屋さんへ行く時は、おかずにガレットとデザートに甘いクレープの計2枚を食べるもの。
私たちはお昼時に行ったので、それぞれガレット1枚とクレープ1枚を注文しました。




P1020201.jpg


Galette complete
ガレット・コンプレット

まずはおかずにガレットを。
このガレット・コンプレットは、ハムと卵とチーズの3つの具が入った代表的なガレットです。
フランスに来てから色々なガレットを食べたけど、やはりこの3つの組み合わせは何度食べても美味しい究極の組み合わせ!
”コンプレット”(完全な)と呼ばれるべきガレットです。

このお店のあるサン・マロは海沿いに位置していて魚介が美味しいので、
魚介を使ったガレットもメニューにたくさんありましたが、
私としては色々な食材が入っているガレットよりも、コンプレットのようにシンプルで生地の美味しさも分かるようなものの方が好きです。




P1020202.jpg


Galette aux epinards a la creme, oeuf
ほうれん草と卵のクリーム・クレープ




P1000477.jpg


Crepe pommes caramelisees en cage sauce caramel
籠の中に入ったカラメリゼした林檎とキャラメルソースのクレープ

かわいいかわいい!
「これは本当にクレープなの?」と訊きたくなる位かわいい!
網のような形をしている籠は、なんとクレープで出来てました!
食べるのが勿体ない!このまま食べずにオブジェにしておきたかったです。
しかも味も美味しかった~。




P1020204.jpg


Crepe caramel au beurre sale en chaud et froid...
暖かくて冷たい、塩バターキャラメルのクレープ

妹と私が注文した、絶品クレープ!
冷たいキャラメル・アイスとは反対に、クレープの中には溶かしたアツアツの塩バターキャラメルのソースが隠れてる。
アイスの横にくっついているのはミニ・クレープ生地に固めたキャラメルをくっつけたもの。
この固い歯ごたえとアイスの感触の組み合わせもとっても良かった。
至福の一品でした。




P1000475.jpg


食後のカフェには、一口サイズのかわいらしいプチ・クレープも添えられていました。
中にはシナモン・クリームソースが入ってました。
ちょっとした遊び心がたまりません。

Le Petit Creperier。
ここでの美味しかった思い出はもう忘れません。
いつかまた帰って来たいです!


http://lepetitcrepier.chez.com/

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。