プロフィール

enna

Author:enna
2013年6月ソルボンヌ大学美術史学部を卒業、10月にはパリで男の子を出産予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着想のマエストロ 乾山見参!:サントリー美術館

Sun.31.05.2015 0 comments
パリに住んでいるお友だちが一時帰国していたので、ミッドタウンの酢重ダイニングで和食ランチ。
お友だちの六ヶ月の赤ちゃんとうちの息子と旦那さんも一緒でした。

解散後にタイミング良く息子も寝たので、ゆっくり展覧会を見るチャンス!と思いサントリー美術館へ。
旦那さんは疲れたと言って息子を連れて帰宅しました。

ということで、今回は一人でゆっくり見る事ができました。
一歳の息子がいる身で、なんて贅沢な時間でしょう。

とはいえ、閉館一時間前に入ったので、あまり時間はありませんでした。

美術館に入ると、人はまばら。
少し前に行った若冲と蕪村展の最終日とはえらい違い。
乾山展が始まったばかりだからか、人気がないのか...。

考えてみると、日本の陶芸の展覧会はすごく久しぶり。
帰国してからは一度も見てないから、前回はいつだったか思い出せない。
日本に帰ってきてからは日本美術の展覧会がすごーく楽しいので、今回もとっても楽しみにしていました。

特に、尾形光琳をはじめとして琳派の芸術は好きなので、今回も絶対に来ようと思っていましたが、予想以上に面白い展覧会でした。

尾形乾山(1663-1743)は琳派を代表する絵師尾形光琳の弟。
実家は京都の裕福な呉服屋雁金屋。
20代後半で野々村仁清から作陶を学ぶ。
1699年に京都の北西、鳴滝泉谷に窯を築き、本格的に陶工として活動を始める。

尾形家は本阿弥光悦や楽家とも血縁関係があり、作陶をするにあたって恵まれた環境にあったと言える。

鳴滝窯で生まれた特徴的なうつわのひとつが一幅の絵画のような角皿類。
絵画でうつわを飾るのではなく、絵画をそのままうつわとする。
また、これによって和歌に基づく大和絵的な色絵と、漢詩に基づく水墨画的な銹絵という、文学的・絵画的なイメージによって、それまでの京焼にはなかった「和」と「漢」ふたつの世界を鮮やかなコントラストで描き出すことにも成功する。

山水の風景に漢詩が書き込まれた図案は、詩画軸が焼き物になったようでした。

尾形乾山の色絵桔梗文盃台(江戸時代 18世紀 MIHO MUSEUM)は展覧会のポスターにもなっている盃台ですが、平面の桔梗が円筒にくっついた形が奇抜でなんとも個性的。
隣には同じ発想で作られた光琳菊の盃台もありました。


乾山の窯を経済的に支えていたのは、海外陶磁の「写し」でした。
それは中国・東南アジア・ヨーロッパなどの舶来品を珍重する文化人向けの「焼物商売」。
何より乾山自身がそうした受容者側の出身です。彼らの好みは手に取るように分かったことでしょう。
そもそも京焼には「写し物」の伝統があり、こうした一群は乾山窯を経済的に支えた主力商品のひとつだったとみられています。
あくまでオリジナルは着想の原点としてその持ち味を生かしつつ、さまざまな要素と組み合わせて新たな意匠にまとめ上げるのが腕の見せ所でした。

オランダのデルフト焼きや、中国の赤絵、更にはベトナムの阿南焼きまで模したものがありました。
乾山と言えども、商業的に成立させる為に、売れ筋の商品を作っていたのです。


そして蓋物。

鳴滝の窯では角皿類や写し物をはじめ、多種多様のうつわが作られていましたが、その中でも特に個性的なのが「蓋物」です。
丸みを帯びた柔らかな造形は、籠や漆器に着想を得たと言われています。
この蓋物に共通して表されるのが、外側の装飾的な世界と対照をなす内側のモノトーン空間です。
それはさながら蓋を開けて初めて明らかとなる「異世界」。
この世ならざる世界の扉を開けてしまうこのうつわは、未知の体験へ誘う一大イベントを演出したことでしょう。

この蓋物は素晴らしかった。

出光美術館所蔵で、重要文化財にもなっている尾形乾山「銹絵染付金銀白彩松波文蓋物」(江戸時代 18世紀)は有名な作品ですが、外側の松が重なる図案のデザインは斬新で目を引きますが、蓋を空けると黄青灰色の線が引かれていて、抽象の世界が広がっています。


次は乾山の食器類。

乾山窯は正徳2年(1712)、鳴滝から京都市中の二条丁字屋町(ちょうじやちょう)に移転し、懐石具を多く手掛けるようになります。懐石具自体は鳴滝時代から作られていましたが、時はまさに京焼全体が飲食器の量産に向かっていた時代。乾山も競合ひしめくこの分野で、果敢に勝負に出たのでした。
ここで乾山最大の武器となったのは、琳派風の文様や文学意匠に基づく斬新なデザインです。文様の輪郭に縁取られた向付、内側・外側の境界を超えて、水流が駆け巡る一瞬を取り出したかのような反鉢など、立体と平面の交叉するその着想は、現代の私たちから見ても遊び心にあふれ、新しく見えるものばかりです。
こうして乾山は「うつわ」の枠にとらわれない彩り豊かな懐石具で成功を収めたのです。

透かしの入ったものや、花形など変わった形の皿が多数ありました。

サントリー美術館の展覧会は、毎回きちんとした解説が書いてあるのが好きです。
特に今回は陶芸の展覧会だったので、技法や種類にも多く触れているのが分かりやすくて良かったです。

展示作品の中には、元々富本憲吉や魯山人や井上馨が所蔵していたものもありました。

私も良い陶器を使いたくなりました。
スポンサーサイト

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展/三菱一号館美術館

Tue.12.05.2015 0 comments
丸の内へ行った合間に、三菱一号館美術館で開催中のワシントン・ナショナル・ギャラリー展を見てきました。

三菱一号館美術館は、古い建物をうまく残してリノベーションしたオシャレな美術館です。特に、緑の多い中庭がヨーロッパのような雰囲気で素敵です。

お昼頃に息子と丸の内に到着して、この中庭でお昼を食べました。本当はKITTEの屋上庭園へ行こうと思っていたのだけど、強風の為閉鎖中だったので、こちらへ来ました。三菱のお庭には薔薇もちらほら咲き始めていて、何時にも増して雰囲気がとても良かった。息子もご飯を食べ終わらない内に歩き出して、鳩を追いかけたり階段を上り下りしたり、大はしゃぎ。少し遊ばせて疲れた頃を見計らって美術館へ入りました。

今回は計算がうまくいき、美術館の二部屋目を見ている時にちょうどお昼寝してくれました!お陰でゆっくり見れました。でも終始抱っこ紐で抱えていたので、見終わった時にはぐったりだったけど。

展覧会はワシントン・ナショナル・ギャラリーの創設者アンドリュー・メロンの長女エイルサ・メロンが集めたコレクションを紹介する趣旨でした。印象派の作品が中心だったので、また印象派か、、と思いましたが、時間もあったので見てみることにしました。展示作品は、モネ、ルノワール、ピサロ、シニャックといった印象派の画家たちによる風景画から始まり、次は人物画でした。お決まりの感じだなと思いつつも、フランスの風景が懐かしく見えたり、印象派の絵に囲まれているとオルセーに来たような錯覚に陥って幸せでした。

そして、ちょうベタですが、ルノワールの女の子の絵が気に入りました。ブロンドの可愛い子が猫を抱いている絵で、展覧会のポスターにもなっている一枚です。猫が以前実家で飼っていた子に似ていたので、目が釘付けになりました。ミュージアムショップでポストカードを買って、同じく猫好きの母にプレゼントしました。

展覧会最後にはボナールとヴイヤールの部屋があって、そこは見応えがありました。あと、三菱一号館美術館所蔵のドニの大作と、ルドンのグラン・ブーケも良かった。

印象派の絵は見慣れているから新しい発見とかは少ないけど、見た後に心地良い余韻が残ります。この感じは好きです。

若冲と蕪村/サントリー美術館

Sun.10.05.2015 0 comments
どうしても見たかったサントリー美術館の若冲と蕪村展。最終日の夕方に駆け込んで見てきました。フランスから帰国してから、日本美術の展覧会が面白くてたまりません。

今日は息子は両親に見てもらい、一人で身軽に行かせてもらいました。美術館に着くと入場制限が!入る迄に20分ほど並びました。中に入っても人でいっぱい!やっぱり最終日は混むなぁ。

若冲と蕪村は同じ年に生まれていて、来年は二人の生誕三百周年にあたるそうで、それを記念した展覧会でした。奇想の画家若冲と文人画の蕪村ではスタイルは随分違うけど、二人が同時期に活躍していた事を思うと、当時の画壇がいかに成熟していたのか想像できました。

二人は近くに京都四条通りのすごく近くに住んでいたけど、今のところ交流のあったことは確認されていないらしい。因に、その近くに円山応挙も住んでいたらしい。密な界隈。

若冲の水墨画は凄かった。太く力強く描くところと優しく描くところの強弱が凄い。画箋紙という特殊な滲みにくい紙を使った、節目描きという暈しのテクニックにも目を見張りました。更に、升目描きで描かれた象の絵もあったけど、どうしてこんな手の込んだ大変ものを描いたのか、不思議でなりません。それに、見た目は18世紀の作品とは思えないほど現代的です。しかも、水墨画と彩色画の二つでは技術は全然違うのに、どちらも極めてしまったようです。若冲はやっぱりただ者でないなぁ。もう一度、奇想の系譜を読み返したいと思いました。

Giotto e compagni, Louvre

Mon.08.07.2013 0 comments
Giotto-al-Louvre.gif

Giotto, Saint Francois d'Assise recevant les stigmates, predelle : Saint Francois prechant aux oiseaux, Louvre


ルーブルで開催されているジオット展を見に行ってきました。

妊娠してからなかなか美術館へ来れなくなってしまったけど、今季にパリで開催されてる展覧会の中でも、初期ルネッサンス好きとしてはこれだけは見逃せなかったので、頑張って見てきました!


パリは寒かった六月から一転し、7月に入ってから一気に夏らしくなり、いきなり30度くらいにまで気温が上がりました。

ルーブルまでは幸い最寄りのバス停から出ているバスを使って一本で行けるので、妊婦にはとても楽です。ピラミッドの入り口まで着くと、炎天下にツーリストの長蛇の列が。旦那さんとそれを横目にルーブルの会員証を見せてすんなりと入りました。


ジオットの展覧会が開かれてるsalle de la ChapelleはSully翼の1er stageにある50平米ほどの部屋で、ルーブルの企画展に当てられてるスペースではとても小さい部屋の一つです。

この展覧会もジオットとその周辺の画家の絵画30点前後を紹介する小規模なものでしたが、元々現存する作品が少なく、残っているものの多くが壁画のジオットーの作品をこれだけ一度に見られるのはなかなかない貴重な機会でした。


展示会場は冷房が効き過ぎていて、堪えられないほどでした。元々妊婦で体力がないので、飛ばして見なければならないと悟りました。


ジオットGiotto di Bondone (vers 1267-1337) は13世紀の終わりから14世紀の前半にかけて、主にアッシジ、ローマ、パドヴァなどのイタリアの都市で活躍した画家です。当時のゴシック全盛期のヨーロッパの中で、まだ技術は未熟であるものの遠近感のある構図や人物の自然な感情を描きました。彼の表現は革命的で、14世紀の前半の同時代の作品と比べると、その革新は歴然としています。

展覧会の約半分の作品はジオットのもので、他はその周辺の画家の絵画でした。パリやリオンなどのフランスとフィレンツェなどイタリアの美術館所蔵の作品がほとんどでしたが、中にはワシントンのナショナルギャラリーなどから借りてきている作品もありました。


s.jpg

Giotto, Saint Etienne, 1320-25, Florence, Museo Horne


今回、特に印象に残ったのはフィレンツェのホーン美術館所蔵の聖ステファノでした。ホーン美術館が最も大切にしている作品です。フィレンツェには二度行きましたが、如何せん見どころの多い街なので、小規模で交通の便の悪いホーン美術館は後回しになっていて、まだ行った事がなかったので、この作品を見るのも初めてでした。

元々は祭壇画の一部だったと考えられている作品で、ステファノの半身像が描かれています。図版などには時々載っている作品ですが、実際は保存状態が良く、特に絹織物の刺繍(brocart)が施された祭服ダルマチカ(dalmatique)の部分が綺麗でした。ステファノはアーモンド型の目を持った典型的なジオットの顔を持っています。

作品を一つ挟んでジャックマールアンドレ所蔵の聖ラウレンティウス(Saint Laurent)もありました。ステファノとほぼ同じ大きさで、同じ半身像のクローズアップなので構図がほとんど同じですが、こちらは痛みが激しく、ダルマチカの部分も擦れていました。ステファノと並べると可哀想な印象でした。


約半分の作品を見たところで、立ち続けていた事と冷房のせいでダウン。解説パネルを読む余裕さえなかったので、鑑賞時間は15分くらいだったけど、やはり妊婦で美術館は辛かったです。

展示室の外のベンチでしばらく休憩した後、後半を鑑賞。ジオットの後を継ぎ、ナポリで活躍していた画家の作品などがありました。ジオットの追随者の作品はあまり見たことがなかったので、ジオットの後継者の存在を知る良い機会になりました。14世紀イタリア絵画はジオットからその追随者、そしてシエナ、フィレンツェと繋がるという流れがよく見えました。ここら辺の美術史、もう少し知りたいです。


全体的に飛ばしてしか見れませんでしたが、これが妊婦には限界の鑑賞時間でした。無理矢理にでも見に来れて良かったです。

もう妊娠期間中は、夏の観光客に占拠されているルーブルには来ない事を誓いました。


DSCN3055.jpg


ルーブルにて。今週から日本の数え方で妊娠八ヶ月目に入り、かなりお腹出てきました。

Edward Hopper, Grand Palais

Tue.01.01.2013 0 comments
Edward-Hopper_NIGHTHAWKS.jpg


Edward Hopper Nighthawks 1942 Oil on canvas, 84,1 x 152,4 cm Chicago, The Art Institute of Chicago, Friends of American Art Collection The Art Institute of Chicago



新年あけましておめでとうございます。

今年もブログを不定期更新していく予定ですので、よろしくお願い致します。
気が向いたらページを開いていただけると嬉しいです。

今年は元旦からグランパレで開催中のホッパーの展覧会を見てきました。フランスでは元旦に多くの美術館が閉まりますが、グランパレは例外的に開いていました。ホッパーは20世紀前半のアメリカの代表的な画家で、フランスでの大規模な回顧展は今回がはじめてだそうです。作品はNYのWhitney Museumの所蔵作品が中心しでした。初期の雑誌の為に描いていたイラストやグラビュール、水彩から始まり、展覧会の最後は代表的な油彩の風景や室内風景の作品が展示されていました。ホッパーは20代の若い頃に三度パリに滞在したそうで、その頃描いたパリの風景や、ホッパーが感銘を受けたというマルケやドガ、ヴァロトンの絵もありました。この展覧会は連日混雑していて大成功しているそうですが、ホッパーの知名度以上に成功している訳は、こうしてフランスとホッパーとの関連を強調してパリジャンたちに親しみを感じ易くさせるような展示をしているからかな、と思いました。

ホッパーはアメリカの当時の都市風景や一軒屋のある郊外の風景や室内風景を描く事が多く、人物たちは描かれていても一人で本を読んでいたり窓の外を一人で見ていたり、人物同士の交流はほとんどありません。感情のない無機質な風景や会話のない絵を見ていると、なんだか虚しさを感じもします。フランスの写真家アジェからも影響を受けているようで、彼のように客観的な都市風景を描こうとしていたのかもしれません。


http://www.grandpalais.fr/grandformat/exposition/edward-hopper/

topTop - Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。